あっぱれ町奉行―江戸を駆ける

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758412186

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 五十八歳で北町奉行となった石貝貞清は由井正雪の乱 明暦の大火で辣腕を振るい、江戸の町造りや牢人の救済に上司と対立しながらも邁進する。実在の石貝貞清という島原の乱で不評を買い閑職にいたものの町奉行に抜擢されたユニークな経歴を持つ旗本を描く。江戸初期の末期養子など改易、牢人対策や大火後の町造りは石貝の主導で進められたという展開で上司である知恵伊豆との対立と駆け引きがなかなか面白い。途中までまあまあ良いが、全体的に焦点が絞られず終盤は特に中途半端になり失速してしまった。ラストも決めきれなかった。

全1件中 1 - 1件を表示

矢的竜の作品

ツイートする