逃亡者

著者 :
  • 角川春樹事務所
2.22
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (11)
  • (5)
本棚登録 : 58
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758412292

作品紹介・あらすじ

新進お笑い芸人の黒崎は、日課としている犬の散歩中にライターを拾う。安月給の黒崎には手が届かない高級ブランドもののジッポライターだった。だがそれは、悪夢の始まりだったのだ。翌日、アパートに帰ると部屋は荒らされており、正体不明の三人組に狙われてしまう。さらに、アパートの大家殺害の犯人に仕立てられてしまった黒崎は、警察とヤクザから追われることになってしまう。次々と襲いかかる危機。突然のサバイバル状況におかれた黒崎は、果たして生きのびることはできるのか?傑作ノワールサスペンス長編小説!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ブレイク前のお笑い芸人黒崎は、犬の散歩中にジッポのライターを拾う。翌日、ヤクザまがいの男達に追いかけられ、大家殺しの罪で指名手配されてしまう。まったく身に覚えの無い黒崎だったが。。。
    軽い、そして緊迫感が全然伝わってこなかった。

  • 穏やかに晴れた土曜の朝。

    多忙な仕事からようやく解放され、家人も留守という平和な時間のお供に手に取ってしまったのは新堂センセーのこの一冊。

    Amazonを始め、あらゆるネットのレビューで酷評されてますが、全作品をフォローする対象にしている作家なので読まないわけにはいきません。

    結論からいきましょう。

    この作品のいいところ。

    ・2時間以内で読める
    ・それなりに結末が気になる

    この作品のよろしくないところ。

    ・ハラハラドキドキしない
    ・各種設定、ストーリー展開が雑(というか、手抜きにしか見えない)

    デビュー当時のあの尖りまくっていた新堂センセーは、一体どこに行ってしまったのか!?

    もはや執筆への情熱をなくし、別人が書いている?

    あるいは、デビュー当時が実は別人だった??(笑)

    さすがにそれはないとしても、そうではないかと思えるほどのクオリティの劣化ぶり。

    もはや事件です。

    とはいえ、今後も新堂センセーの作品は全てフォローし続けます。

    完全復活のその日まで、辛口レビューを続けなければならないとしても(笑)

  • 新進お笑い芸人の黒崎は、犬の散歩中にジッポのライターを拾う。翌日、アパートに帰ると部屋は荒らされており、正体不明の三人組に狙われてしまう。
    緊迫感もなく、何の印象も残らない本。
    残念ながら駄作としかいいようがない。
    (図書館)

  • 半沢直樹を読んだ後だったからなのか、ストーリー展開が物足りなかったな…。

  • 2015/7/20読了

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    新進お笑い芸人の黒崎は、日課としている犬の散歩中にライターを拾う。安月給の黒崎には手が届かない高級ブランドもののジッポライターだった。だがそれは、悪夢の始まりだったのだ。翌日、アパートに帰ると部屋は荒らされており、正体不明の三人組に狙われてしまう。さらに、アパートの大家殺害の犯人に仕立てられてしまった黒崎は、警察とヤクザから追われることになってしまう。次々と襲いかかる危機。突然のサバイバル状況におかれた黒崎は、果たして生きのびることはできるのか?傑作ノワールサスペンス長編小説!

  • すぐ終わった感じ、

  • 軽い、軽い(-_^) まさしく軽い中学生の空想の世界だね。

  • なんだかなぁ・・・。2冊続けての新堂作品、がっかり。
    内容的にも、少々似てる展開ありで、ワクワク感にかける。帯を読む限り「面白そう!」って思えたのになぁ。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1998年、「血塗られた神話」で第7回メフィスト賞を受賞して作家デビュー。裏社会や剥き出しの欲望を描いた作品群と、恋愛を中心とした作品群とを書き分け、前者は黒新堂、後者は白新堂と呼ばれる。「枕女優」「カリスマ」「百年恋人」など著書多数。近著に「痴漢冤罪」「夜姫」。

「2018年 『制裁女』 で使われていた紹介文から引用しています。」

逃亡者のその他の作品

逃亡者 (ハルキ文庫) 文庫 逃亡者 (ハルキ文庫) 新堂冬樹

新堂冬樹の作品

ツイートする