覇道の槍

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.79
  • (5)
  • (10)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 67
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (369ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758412339

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 天野純希さんの作品、2冊目。
    信長より前の時代、阿波国の三好元長が主人公。
    民の為に戦の無い平和な世の中を作ろうとして、戦を続ける。
    元長の才能を妬んだ、主で友の細川六郎晴元との仲が食い違っていく。
    裏切りや策略が当たり前のこの時代、六郎を見限る様に進言された元長が、
    「主君に刃を向けた者の天下は、いずれ下の者に覆される。天下の安寧を志す者は、下克上を為すべきではないと存ずる」
    と言ったセリフが心に残った。
    登場人物も多いし、名前の読み方をすぐに忘れて苦労したけれど。
    後半一気に進みました。
    元長の息子、千熊丸と、それを支える久一郎改め松永久秀との、今後の話を是非読みたいです。

  • 三好長慶の父である三好元長について書いた本です。

    三好元長については、三好長慶や松永久秀の本を読んでも、堺で自刃するところから登場する感じで、なじみの薄い武将です。

    堺で自刃をした相手が細川晴元であったため、三好元長と細川晴元が兄弟同然に育ったというのは新鮮でした。

    全般的に、戦に臨場感があったので、非常に楽しめました。
    また、畿内特有なのか、この時代特有なのか、味方になったり敵になったりと、権謀術数っぷりがとても面白かったです。

    ↓ ブログも書いています。
    http://fuji2000.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-84a5.html

  • 久しぶりの時代物、三好元長を主人公にした「覇道の槍」です。
     時代はザックリ、応仁の乱の後。織田信長よりも少し昔。村上海賊よりも前ですね。

     この三好元長と言う人物については、全く知識がありませんでした。武勇に優れ、知略も得意。
    確かに、この人物が生きていたならば、信長や秀吉はどうなっていたのか?と思います。

     時代背景を良く理解できないまま、物語につられて読み進めた1冊でした。面白かったです。

  • コーヒーブレイク本。

    室町時代末期の阿波国の大名・細川晴元に仕えた三好元長の波乱な生涯を描いた時代小説(2014/04発行)。

    マイナーな人物ににスポットを当てているため、本書で初めて知ったことも多く、面白い時代小説でした。

  • 歴史物をあまり読まなくなった。最近はどうしても取り上げる人物が小粒の傾向があるから。
    三好長慶の親、元長の話。過去のしがらみと世を変えるためには古きものを切り捨てる。戦国から信長台等を予感させる話。何か時代の変化を予感させる

  •  室町時代末期 民の平和を希求する阿波の武将 三好元長の生涯を描いた歴史小説。
     冷静な分析、状況判断のもとに、戦のない世の中を目指すために闘う。何度か平和な時代は訪れるが、廻りに跳梁跋扈する下克上の武将たちによって、その平和は踏みにじられる。
     そして、最後には周辺諸国の奸計によって...
    ひとり平和を希求する国として、戦力放棄を宣言する我が国が同じ轍を踏むことがあってはならない。
    もっとも、我が国は巧みな言い換え、言い逃れによって戦力を保持しているから、みすみす国土を蹂躙されるようなことは無いと信じたいが。

  • 戦国時代前の室町時代後期の三好元長の生き様を描く、松永久秀と続く時代で信長を筆頭にした戦国時代前の混沌とした話。(〜P60)

  • ニッチな戦国時代の武者を主人公とするのは相変わらずで、三好氏でも三人衆ではない、その親を主人公としているが、あいにくと不勉強で歴史上の立ち位置もよくわからなかったが、なかなかに興味深い歴史の変わり目の立役者であったことがよくわかったが、本作の本当の主人公は、実は松永久秀であったことが最後に明かされる
    。久秀の悪役そうろうの人物像は多分に脚色されたものが多いとは思われるが、とかく複雑な人物であったことは間違いなく、その生い立ちとしての描き方は確かにありかもしれない。

  • 信長登場前の戦国前期はほとんど知らないんだけど、三好元長の天下統一の夢をドラマチックに描いて面白かった。最後に松永弾正が登場して義輝、信長の後期を予感させる

  • どれだけ志を同じくした者たちでも一度芽生えた憎しみの炎は命わかつまで消す事が出来なかったのか、と哀しさが残る。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1979年愛知県生まれ。2007年『桃山ビート・トライブ』で第20回小説すばる新人賞を受賞し、デビュー。2013年『破天の剣』で第19回中山義秀文学賞を受賞。他の著書に『戊辰繚乱』『信長 暁の魔王』『覇道の槍』『北天に楽土あり 最上義光伝』『衝天の剣 島津義弘伝(上)』『回天の剣 島津義弘伝(下)』『蝮の孫』『燕雀の夢』『信長嫌い』『有楽斎の戦』など。

「2017年 『決戦!賤ヶ岳』 で使われていた紹介文から引用しています。」

覇道の槍のその他の作品

天野純希の作品

ツイートする