憂いなき街

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.41
  • (12)
  • (45)
  • (68)
  • (11)
  • (1)
本棚登録 : 314
レビュー : 50
  • Amazon.co.jp ・本 (331ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758412346

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 道警シリーズは読み始めると止まらない。
    今回もその通りです。
    少し切ない話でした。
    毎回思うのですが、どうしてこんなに惹きつけられるのか。
    どんどん先を読みたくなるのはなぜか?

    これが文章力なんだろうなと改めて思いました。

  • とても良かったです。刑事物なんだけど恋愛ものとも言えるかな\(//∇//)\

  • 道警シリーズ。Jazzで浮かれた札幌の街で起こった事件を追う津久井の話。津久井の純情と、渋い男たちの物語。

    JazzのCD聞きながら読了。切なかった。
    読み終わったばかりなのに、次のシリーズ作が早く読みたい。

著者プロフィール

一九五〇年三月、北海道生まれ。七九年「鉄騎兵、跳んだ」でオール讀物新人賞を受賞。九〇年『エトロフ発緊急電』で日本推理作家協会賞、山本周五郎賞、日本冒険小説協会大賞を受賞。二〇〇二年『武揚伝』で新田次郎文学賞を、一〇年『廃墟に乞う』で直木賞を受賞する。他に『ベルリン飛行指令』『疾駆する夢』『昭南島に蘭ありや』『警官の血』『代官山コールドケース』『獅子の城塞』『犬の掟』など著書多数。

「2017年 『武揚伝 決定版(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

憂いなき街のその他の作品

佐々木譲の作品

ツイートする