なぜ世界は不幸になったのか

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.50
  • (3)
  • (4)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 35
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758412483

作品紹介・あらすじ

賢者・哲人は、「民主主義という悪」と戦ってきた!ショウペンハウエル、アレント、トクヴィル、バーク、オルテガ、福田恆存、三島由紀夫、小林秀雄…。トチ狂った世の中に対する29人からの警告!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白かった。オレにとっては新しく物事の考え方の目を開かせてくれる先生のような本。自分自身この本の内容を鵜呑みにするしかないほどの無明であるが、「古典に学べという」言葉だけは頭に残った。あとがきにあるようにここに記されている賢者に学ぶ、原典にあたることから始めたいと思う。何せ難しそうということだけは分かる。
    読書の仕方が変わりそうだ。読書そのものの行為や意味が自分の中で全然違ったものになることを期待して少しは向上したい。なぜこの人が安倍晋三や橋下徹にここまで強く否定的に言うのか少し理解出来た。愚民の我々の目を開かせる為だ。

  • ちょうどオルテガの大衆の反逆を読んだところだったので周辺の思想家がまとめてあり役に立つ。スマホ畜群の発生は驚きだよね。

  • 出だし少しだけ。
    先人の知恵の披露だけで、重いんだよな…。

  • 「近代」に汚染される前の時代の賢者達の警告を紹介しながら、改革幻想・左翼イデオロギーに乗っ取られた現代日本の問題を指摘する。

    古典からの4〜5行 vs TVニュースになった政治家等のひとつの言動、って、比較の次元が違いすぎない?ではどうすべきかに対しては「過去は、われわれが何をしなければならないかは教えないが、われわれが何を避けねばならないかは教えてくれるのである」で思考停止だし。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

適菜 収(てきな・おさむ)
1975年山梨県生まれ。作家。哲学者。ニーチェの代表作『アンチ・ク
リスト』を
現代語訳にした『キリスト教は邪教です!』、『ゲーテの警告
日本を滅ぼす「B層」の正体』、
『ニーチェの警鐘 日本を蝕む「B層」の害毒』、『ミシマの警告 保守を偽装するB層の害毒』(以上、講談社+α新書)、
『日本をダメにしたB層の研究』(講談社+α文庫)、『日本を救うC 層の研究』、呉智英との共著『愚民文明の暴走』(以上、講談社)、
『なぜ世界は不幸になったのか』(角川春樹事務所)、『死ぬ前に後悔しない
読書術』、
『安倍でもわかる政治思想入門』、『安倍でもわかる保守思想入門』(KKベストセラーズ)など著書多数。


「2017年 『安倍政権とは何だったのか 時代への警告』 で使われていた紹介文から引用しています。」

適菜収の作品

ツイートする