チームFについて

  • 角川春樹事務所
2.55
  • (0)
  • (4)
  • (5)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 53
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758412636

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 120年の歴史と伝統を誇る極楽高校は、人口減と歩調を合わせ廃校の危機に瀕している。
    陸上部に所属する2年F組の香山芳樹は不安だった。おれ、どうなるんだろうな。
    ていうか、おれ自身、おれの将来をどうしたいんだろうか――。
    一方、極楽温泉町町長の谷山栄一は、下がり続ける支持率晩回のため、
    秘書室長・香山和樹から秘策を授けられていた。
    それは「世界の大都市マラソンに負けない大海を極楽温泉町でぶち上げる」というものだったが……。
    (アマゾンより引用)

    結局、1位になったの誰だったんだろう?

  • 読みにくくて集中力が続かないーーー!!
    なのに最後のこの感じが、結局見事にあさのあつこで、、、、
    ずるい。。。

  • 話し言葉で字数を増やしてるだけのような・・・

  • 「バッテリー」みたいな血と汗と涙の青春感動物語だと思って読んだら、違った!Σ( ̄□ ̄;)脱力系ギャグとエロが散りばめられていて、あさのさんでもこんな作品書くんだ!?と思った(^^;)個人的にはこのくだらない感じ大好きです(^^)♪最後は頑張れ!と力が入ったけれど、ゴール前で終わり(--;)ゴールの様子やその後も読みたかったな~(._.)

  • 面白いのだけれど、饒舌すぎて苦手な文体。著者にはときどきこのパターンの作品があるけれど、どれも読みづらい。中身が薄く感じられてしまって残念。

  • なんか期待はずれ。最後もすっきりしない。

全7件中 1 - 7件を表示

プロフィール

あさの あつこ
1954年生まれの小説家、児童文学作家。岡山県英田郡美作町(現:美作市)湯郷出身。幼少の頃から本に親しみ、中学の頃から創作日記をつけはじめ、中学2、3年生の頃から作家を志す。青山学院大学文学部入学後、児童文学サークルに入り活動。卒業後小学校の臨時教諭を2年間務め、結婚。日本同人協会「季節風」同人となり、そこに連載した『ほたる館物語』で作家デビュー。
代表作に、1996年から執筆を続ける『バッテリー』。97年野間児童文芸賞受賞、99年『バッテリー2』で日本児童文学者協会賞、2005年『バッテリー』全6巻で小学館児童出版文化賞をそれぞれ受賞。シリーズ1000万部超の大ベストセラーとなり、映画化・アニメ化された。

あさのあつこの作品

ツイートする