龍馬奔る 土佐の勇

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.60
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758412698

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2017.11.19
    ジョンマンと龍馬と慎太郎の今後が楽しみ!

  • 龍馬と中岡慎太郎の成長が交互に描かれる。
    武市半平太はいつ出てくるんだろう?
    ジョン万次郎が出てきて世界へ目を向け江戸に出て行こうとする処で終わり。
    さぁ!いよいよ青年編!どうする?どうなる?

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

山本 一力(やまもと いちりき)
1948年、高知県高知市生まれ。14歳で上京し、中学3年から高校卒業までの4年間の新聞配達でワシントン・ハイツ(最大規模の米軍基地)を担当、英語力を養う。英語力を活かしながら通信機輸出会社、大手旅行会社(近畿日本ツーリスト)、デザイナー、コピーライターなど十数回の転職を経験。
46歳の時、事業失敗で作った2億の借金を返済するために作家になることを決意。1997年『蒼龍』でオール讀物新人賞を受賞しデビュー。2002年には『あかね空』で直木賞を受賞した。その他代表シリーズに『ジョン・マン』など。

山本一力の作品

ツイートする