真説 真田名刀伝

著者 :
  • 角川春樹事務所
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758412773

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 真田信繁(幸村)の最後の刀となった「茶臼割り」という名刀の話。真田家の歴史を刀でどう語るのかと興味津々ではあったけれど、良い意味で裏切られた。メインは持ち主の海野能登守。なかなか題材にならない人物が主役の本が読めることは嬉しい。
    上杉・北条・武田らの大名に囲まれた信濃・上野の小さき国衆らの生存競争を海野視点で描ききる。そして幸隆、昌幸親子が、他者視点で描かれると非常に嫌な謀略家として描かれることが多いが、本作もそうだったりする。外様で信玄に重用されるためには謀で何とかするしかなく、仕方ないのかもしれない。時勢を読む目と、小競り合いのような争いを繰り広げて、目まぐるしく戦国は動いていったんだろうと思うと感慨深い。
    様々な史料に当たったうえで、淡々とした語り口に迫力があり、期待を裏切らない。
    武器に詳しい作者ならではの情報量は圧巻で、刀剣類の薀蓄には、ただ脱帽する。

  • 真田家に伝わる茶臼割りという名刀の話、ではあるのですが寧ろメインはその持ち主だった海野能登守。今川、上杉、北条の勢力地だったその時代の信濃の混乱期がよくわかる。そして幸隆、昌幸親子がこの時代、他者視点で描かれると非常に嫌な謀略家として描かれることが多いがこの本もそうだったりする。ていうか外様で信玄に重用されるためには謀で何とかするしかないわけで、まあ仕方ないのかもしれない。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1951年神奈川県生まれ。国学院大学卒業。同大学博物館研究助手、編集者を経て作家に。1990年『人造記』が第104回直木賞候補となる。1993年『大砲松』で第15回吉川英治文学新人賞、2004年『狙うて候 銃豪村田経芳の生涯』』で新田次郎文学賞、2012年『本朝甲冑奇談』で第6回舟橋聖一文学賞を受賞。他の著書に『銃士伝』『センゴク兄弟』『肥満 梟雄 安禄山の生涯』『忍者物語』などがある。

「2017年 『決戦!関ヶ原2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

東郷隆の作品

ツイートする