E高生の奇妙な日常

著者 :
  • 角川春樹事務所
2.54
  • (0)
  • (0)
  • (8)
  • (4)
  • (1)
  • 本棚登録 :38
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758412933

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 奇妙なE高生の日常たち
    ショートショート
    どのお話も不思議で奇妙でたのしいし、最後にズドンと落として終わる感じが気持ちよい

    彼女の中の花畑が綺麗でカワイイな
    舟を漕ぐ、椅子男、が訳分からなくて笑った

  • E高を舞台にしたショートショート。田丸さんらしい発想豊かなお話が18話。「層人間」「二人の自転車」「穴埋め問題」あたりが好きかな。

  • タイトルを超えてくるのがあるとうれしい。
    E高という共通点、全容が結びつくみたいなことは特にないので
    高校生時代を題材にしたと割り切るべき。
    そのせいか読み続けると少し胸やけもする。

  • とある町にあるE高校、そこには奇妙な出来事、奇妙な生徒が集う。単調で退屈な授業にさまざまな妄想が膨らむ。数学アレルギー、燃える男、問題を溶く、比喩的な表現や言葉遊びが現実に起こったらどうなる。

  • 不思議な高校にまつわる言葉遊びのショートショート。勉強法は問題を解くじゃなくて溶くとか。

  • 数学アレルギー、私は重度。

  • 高校時代って何だかんだで1番その後の人生に関連してくる。卒業して○年経つ今でも当時の先輩や後輩と付き合いがあるのは感慨深いものだ。

    窓から見える景色にその頃の自分は何を見ていたのだろう。
    あんなに数学が嫌いだったのは数学アレルギーだったのか‼︎ 田丸さんのショートショートであの時代に戻れた気がします。友人たちに会いたくなっちゃったな。

  • 2017.6.29読了 76冊目

  • 玩了。诗篇的。暖烘烘。我喜欢下埃的日,水丸,她中的花圃。(她的头中的花圃。。)

全9件中 1 - 9件を表示

田丸雅智の作品

E高生の奇妙な日常はこんな本です

ツイートする