蘇我の娘の古事記

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.77
  • (8)
  • (23)
  • (13)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 151
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (420ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758413015

作品紹介・あらすじ

許されぬ恋、王位継承の争い…激動の時代をみずみずしく描く、書き下ろし長篇小説!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この時代、何と言っても額田王。子供の頃に読んだ、大和和紀「天の果て地の限り」と里中満智子「天上の虹」で刷り込まれちゃってますw。それらに比べると、登場人物がいずれも印象薄い。それなりの物語なのになあ〜。地味な話だった。

  • 歴史物は好きでよく読むが、乙巳の変(大化の改新)から壬申の乱のあたりの話は読んだことがなかったので新鮮だった。古事記のなりたちを絡めた斬新な話ではあったが、登場人物を含めなんとなくほんのりと柔らかく、面白かった。

  • 教科書でしか知らなかった登場人物が
    いきいきとその時代を生きる。

    ヤマドリとコダマの切ない恋物語。

    1300年以上前の時代に
    壮大なロマンを思う。

  • 乙巳の変から壬申の乱と政情穏やかならざる時代を、百済人の家族の視点から描いています。仕えていた蘇我入鹿から生まれたばかりの女児を託されたことで、時代の激動に飲み込まれます。コダマが愛らしいキャラなので感情移入してしまい、物語の展開に一喜一憂します。虚実を自在に織りまぜていて、だれずに一気読みできます。古代史入門としても高校生くらいから広く手に取られるのもいいですね。

  • 雨だから1日読書。家にこもって読んだからこそ、余計に際立つ壮大さだった。物語は語り手のものであり、聞き手のものであり、両者に受け入れられたものが今に残ったのだと思う。伝えたい気持ちが、何かを残す。1000年以上も前の物語が今に残ることの素晴らしさを思う。

  • 本当に近年、古代史が熱い!
     これも思わぬ掘り出しものだった。特に奈良県出身の自分には舞台の飛鳥の里などが手に取るように分かり、自分の知る故郷の風景の中に1000年以上も前の人たちが生き生きと蘇る様が目に浮かぶようだ。

     作者の、まだ3冊目?の作品らしい。ソフトなタッチの筆致はいかにも女性らしい。『恋歌』『阿蘭陀西鶴』をものした朝井まかてか、『小さなお家』の中島京子を思い出す。

     「古事記」の謎は昔から良く聞かされていた。 国史といわれる「日本書紀」が時の天皇の勅で編まれたと伝えられるに対し、作者不詳だったり、後世の創作とされたりと諸説フンプンだった。
     中学か高校の頃に「古事記」の編者と言われる太安万侶の墓が茶畑の中から見つかったと話題にもなったものだ。あの頃は、なんでそんなに大騒ぎしてるのか、まったく理解できてなかった(後で記憶をたどると、太安万侶の実在が証明されたとかの話だった)。

     そんな多くの謎の残る「古事記」の成立譚を、本書は皇極四年(六四五)の乙巳の変(我々は大化の改新として覚えた、中大兄皇子、中臣鎌足のクーデーター)から、壬申の乱の後までの時代を通し描く。
     実在したという百済からの渡来人船恵尺とその一族、そして息子ヤマドリ、娘のコダマの生涯が、時の政変、時代の要請に翻弄されながらも朝廷の記録を司る「史」(ふひと)という立場で謎の裏国史とも言える「古事記」に深く関わっていくという筋書きだ。
     「古事記」の作者とされる稗田阿礼、太安万侶の存在すらうっちゃって自由奔放に走る筆が、実に活き活きとあの時代を描き出す。
     まさに恵尺が最初に国史に取りかかった折に語るこの言葉のように。

    「自分が求めていたのは、遠い昔からこの国に連綿としていきつづけてきた人間たちの、なまなましい喜怒哀楽の物語だ。絵空事ではない、生身の人間としての物語。」

     遠いあの時代の様子が、生々しく蘇る。

     また、章ごとに語り部が子ども時代のヤマドリ、コダマに語って聞かせる神代の物語が挿入される構成も楽しい。あぁ、まさにこうして語り継がれて、やがて「古事記」に結実していったというのが分かる仕掛けになっている。

     最終的に、稗田阿礼でもない太安万侶でもない者が「古事記(ふることぶみ)」を編むことになるのだが、その者が語る言葉が実に素敵だ;

    「私は、歴史というのは、滅びた人たちの歴史のことだと思うのよ」(中略)「そこからこぼれ落ちた人たちの歴史を、私はすくい取っていきたいの。そうでなければ、彼らの魂が消えてしまうもの」

     古代史という謎多き時代に見事に編み出された歴史フィクションだ。
     著者の前作『逢坂の六人』も是非読んでみよう。

  • 書き下ろし

     百済系渡来人「舟」氏が直面した大化の改新から壬申の乱までの激動の物語で、豪族連合のヤマト政権から天皇中心の中央集権国家に変化していく過程で否定され滅ぼされた蘇我氏の赤ん坊を、舟氏の長が極秘に救い自分の娘として育てるのだが、その盲目の娘コダマの波乱の半生記でもあり、古事記のなりたちの物語でもある。

     税吏の舟氏は、文書吏としても「大王記国記臣連伴造国造百八十部并公民等本記」(すめらみことのき・くにのき・おみむらじ・とものみやつこ・くにのみやつこ・ももあまりやそべならびにおおみたかららのもとつふみ:本文中では音読みになっているが、なつかしい!)を編纂した(と描かれる)が、盲目の娘はこれをそらんじ、聞いた神々の説話を結びつけて生き生きとした物語として語るようになる。

     史学概論の最初の講義で「歴史」を意味するドイツ語には”Geschichte”(記録されたできごと)と”Historie”(物語られた歴史)があると教わったが、さしずめ後者としての古事記の成立を、物語を担った人々の人生に想いを寄せて描いてみせた著者の視点に、なるほどとうなずかされる。

  • 蘇我入鹿の娘を主人公として、大化の改新から壬申の乱までを描き、その主人公が古事記を記したとした歴史小説。歴史の事実を詳細に調べつつ、面白い展開になっている。楽しく読めた。

  • 古事記を口伝したとされる稗田阿礼の原型となる少女の物語。蘇我滅亡から持統天皇の時代までに、百済から渡った船の一族がどのように生きてきたかを感じることができる。
    渡来人の立ち位置の難しさや、その時代の政変の意味とか、
    神話にみる人間の本質とか、色々な側面から物語を見られて興味深かった。
    物語そのものは一人の少女の成長を追っていく感じで、そこに対する感動までは正直感じられなかったのだけど、久々に読む歴史物の良さになんだかほっこりした。

  •  飛鳥時代、乙巳の変で滅亡した蘇我宗家の忘れ形見の少女を巡る、伝奇ファンタジー小説。
     大化の改新、白村江の戦い、そして壬甲の乱。
     政変に次ぐ動乱。
     海外情勢と併せて目まぐるしく変遷する古代日本を舞台に、逆臣の遺児である少女は、渡来人一家の庇護の許、やがて、己の使命を見出し、生涯を捧げてゆく。
     稗田阿礼の口伝を、太安万侶が編纂したと伝えられる『古事記』。
     その原型を、誰が、どのように遺したかを集約点に、想像力豊かな創作が綴られる。
     本編の挿話として語られる日本神話を背景に、投影される現世の人間模様、栄枯盛衰の巡回。
     歴史の大河に煌く、泡沫のような人々の営みが、切なくも温かい。
     尤も、歴史小説というよりは、ファンタジックな少女小説の色合いが濃く、人物造形がやや浅いのが難点か。
     勝者の正統性を保持するための正史に、異を唱える筆者の見地も、決して目新しいものではない。
     それ故に、主人公側にとって仇役となる権力者たちを、逐一、悪辣なだけの人物にして『片付ける』のは、人間洞察の脆弱さを露呈するのみならず、物語としての浅薄さにも繋がる。
     また、大和朝廷の政情の変遷など、政治史の興亡の本質を追究するよりも、ヒロインを中心とするラブストーリーが主軸として重きを置かれており、古代史を題材とする新たな切り口の成人向け小説を期待する向きには、少々肩透かしかもしれない。
     総じて鑑みれば、読者層としては、主にヤングアダルト世代が想定されているように見受けられる。
     美点を挙げるならば、古代の豪族の生活描写が丁寧で、市井の目から見た時代の一片を描くという面では、瑞々しい感性の光る作品と言えるだろう。

全18件中 1 - 10件を表示

周防柳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

蘇我の娘の古事記を本棚に登録しているひと

ツイートする