知性の構造 (ハルキ文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.70
  • (7)
  • (7)
  • (12)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :106
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758430142

作品紹介・あらすじ

今まで日本に、これほど本格的かつ正統的な思索の書があっただろうか-。知識人が、ジャーナリズムによる「雰囲気の支配」の下にすすんで屈服している現在、自らの精神の有り様と思考の"構造"を八五点の図を示しつつ初めて全的に開示し、真の"知性"は如何にして獲得できるかを真摯に考察した画期的な知性論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読みやすい。

  • いろいろと思索、検証などをしていて混沌としているところに羅針盤のような感じで感覚や思索の位置関係を整理できる。本の内容に当てはめる葛藤や思索があるといい。逆に、いきなりこれを読んでもおそらくはて? かもしれない。どうアクティブに機能(試行錯誤)するか。平衡を基調にした建設的あり方。横軸に事実主義と想像主義縦軸に理想と手段を置き課題や葛藤をどう捉えるか、どうもっていくべきかが見えてくる本。根無し草ではない、地に足の着いた思索ガイド。

  • 小難しいエッセイで、書かれている内容自体も目新しさはない。
    そして随所出てくる図がクセモノで、どうしてこう表現したの?とビジュアルの必然性を問いただしたくなるものばかり。
    よくもこんなものを自身の「知性の構造」だと称して公開する気になったなと感心した。

  • 読了メモ。西部邁『知性の構造』。真の知性はいかにして獲得できるのか?。言語、解釈、平衡、伝統、歴史感覚をキーワードに、先人達の言葉を紡ぎあげることで、統一的概念の形成を試みる。概念の構造や動きを図式化しているのも特徴。型を守り破って自らを批評。そこで知性は更新=離れていくのだ。

  • 思想家っていうのは自分の中に一本芯があるから大体の著書で導かれる結論は同じ土台の上で成り立ってるのね。その土台となるのはなんなのかご本人自ら反省している。だから結論も大体一緒。それが悪いというわけじゃなくてその過程が大事なんだろう。言葉は大事。

  • 図形的な解説が面白い。
    「マスの世論はすでに社会の第一権力になっている」(p.230)その通りです。マスコミ世論に対しては「実際の現実」を対置せよ、という主張がある。

     つくづく思うに。この四半世紀、そういう役割を担ってくれたのが「んなわけねえだろ」というたけしであり、「んなわきゃあない」というタモリであったわけですね。ところがその後がいない。暗澹としますよ。ほんと。

全8件中 1 - 8件を表示

知性の構造 (ハルキ文庫)のその他の作品

知性の構造 (HARUKI BOOKS) 単行本 知性の構造 (HARUKI BOOKS) 西部邁

西部邁の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
オルテガ・イ ガ...
三島 由紀夫
ヴィクトール・E...
ジェームス W....
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印

知性の構造 (ハルキ文庫)はこんな本です

知性の構造 (ハルキ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする