ゆうべ、もう恋なんかしないと誓った (ハルキ文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.17
  • (10)
  • (37)
  • (164)
  • (13)
  • (3)
本棚登録 : 492
レビュー : 58
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758430449

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 唯川さんの本を初めて手に取ったのは二十歳の頃だった。あれから十年、たくさん恋をした。でもちっとも上達しない…。唯川さんの描く女性たちの抱える闇に危うく引きずり込まれそうになる。






    昔は単純に好きかそうじゃないか、それだけ考えれば良かった。いつの間にか、ただお互い好きなだけでは付き合えなくなって、慎重に選んだはずの相手にはときめかないし、年齢や周りの結婚に追い立てられて逃げ場がない。お別れする度、また1から誰かを探す道程にぞっとする。それでもずっと1人ではいられないから、立ち止まることはできない。この繰り返しに疲弊して皆結婚するのだろうか。いっそ出家すればこんな思いを2度としなくて済むのか。

    いつか、今の苦しさも懐かしく振り返るようになるのだろうか。好きだから離れるしかなかった恋愛にも意味はあったと思えるように、全てを消化できるのか。

    生まれ変われるなら来世は犬か男性がいいな。

  • 読んだ後、少し経つとストーリーまったく覚えてないパターンが多いからあまりこの手の恋愛小説は読まないのだけど、もらったから久しぶりに女な小説ね。

    10Pあるかないかのショートストーリーだから物足りなさはあるもののサクサク読めてよいのではないかしら。

    24個のラブストーリーね。
    陳腐なものも、ねっとりしたものも、共感できるものも、ホラーなものも。

    一番印象に残ったのは鎌田敏夫さんが書いてる後書きにあった部分w

    人間は本能の行為であるものを文化にしてしまった。恋愛というよく分からないものをつくり出してしまった。そして、自分でつくり出したものに翻弄されることになる。
    恋はバラ色。それは、人間が勝手につくり上げた幻想だ。でも、人は恋をすることで、匂うようなバラ色の花を見てしまうことがある。一瞬の幻想が、実在しているもののように思える時がある。
    それは、人間だけが持つことのできる、素晴らしい文化なのだ。だから、人は恋をやめられない。


    だってさー。
    恋もしたいし幻想も抱きたいよね、そしてお互いいつまでも相手に幻想を抱かせてあげられるような関係でいられたらパーフェクトなんだけどなぁ。

  • 短編で読みやすい。
    恋愛って一瞬の情熱、幻想だとみんなわかっているが、みんなこの甘美な毒にはまる。20歳になるまでの指定書にすれば、この物語を反面教師にして、また違う人生を送れるかも。

  • 短編形式なのでさらさらすらすら読むことが出来た。
    ちょいちょい昼ドラのような話もあったが、面白い。
    最後の話がよかった。

  • 唯川さんの本は、いつも自分が「女」なんだってことを思い知らせてくれる。

  • 24の恋愛ショートストーリーが収録されています。
    共感できる部分もあり、私には理解不能な部分もあり。

    一つ一つの作品がかなり短いのが勿体ない気がします。
    もう少し掘り下げてほしいと思うものもちらほらと…

  • 24のショートストーリー。 恋愛も結婚もしたくなくなる。でも、最後の話は希望がもてて良かった。

  • 24の短編から成り立ってんだけど、一つひとつがマジ濃い。まぁタイトル通りなわけだけど、結局繰り返す。分かってるけどどーしよもないのよね。

    あと解説も面白かった。

    ああーこのド腐れた脳天を落ちてくる煉瓦でブチ砕いて下さい神様。

  • 短編集。  唯川さんらしく読みやすくて共感する部分が多い小説でした

    が、最近いろんな本を読んで 唯川さんの小説がどれもこれも似ていて
    先が分かってるのに読みやすいから読む。 みたいになってて驚きがナイかもーって思う

  • 普段は恋愛小説なんか読まないのに、これはいいですね。

全58件中 1 - 10件を表示

ゆうべ、もう恋なんかしないと誓った (ハルキ文庫)のその他の作品

唯川恵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
唯川 恵
江國 香織
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

ゆうべ、もう恋なんかしないと誓った (ハルキ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする