悪鬼(トロール)の檻 (ハルキ文庫)

制作 : Mo Hayder  小林 宏明 
  • 角川春樹事務所 (2003年7月発売)
3.73
  • (2)
  • (4)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 25人登録
  • 6レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (602ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758430586

作品紹介

自宅で監禁され、瀕死の状態で発見されたピーチ夫妻。犯人に連れ去られたひとり息子のローリーは懸命の捜査もむなしく遺体で発見され、子供たちの間では犯人像として「トロール」という不気味な名前が囁かれる-。二十七年前に起きた兄の失踪事件のトラウマに悩むキャフェリー警部は、過去と現在を結ぶある事実に行き当たるのだが…。

悪鬼(トロール)の檻 (ハルキ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自宅で監禁され、瀕死の状態で見つかった夫婦。犯人に連れ去られた彼らの一人息子は懸命の捜査も虚しく遺体で発見される。
    子供達の間で噂されるトロールが犯人なのか?
    幼い頃行方不明になった兄の事件にトラウマを持つキャフェリーは事件に立ち向かうのだが…。

    痛い痛い痛い。
    前作もそうだったけれど、描写だけでなく何もかもが痛い。
    どうしてこんな作品が作れるのか…。
    読んでいて辛くて、でも途中でやめられなくて。
    時間はものすごくかかったけれど、何とか読み終えてため息。
    プロットの巧さとか伏線だとか色々あるけれど、作者がキャフェリーをとても温かい目で見ているのがわかる。扱いは酷いけれど。
    そしてこのラスト。
    良かったのかそうでないのか。しばし考えてしまう。うーん。

  • 前作や、その後の作品との関連が知りたくてやめるにやめられずに読んだがもうお腹いっぱい!
    何もこんな終わり方(いや、結局まだ続く悪夢だが)しなくても。『人形』まで読み通してはみたがここまでかな。でもキャフェリーをまた追いかけそうな自分が居る。

  • 登場人物が皆 嫌な奴ばかりで感情移入も全く出来ない。内容も容赦なしで救いも無しだが、ほんの少し期待を持って最後まで読んだ。みごとに裏切られました。考えようによっては あれはあれでBestなのかもしれないが、あんまりではないか。しかし途中で止められなかったのも事実でくやしい敗北感。結局おもしろかったということなのかな。1作目も読まなければ面白さは半減すると思うが、後書きにあった3作目は個人的にパス。別の意味でかなり不愉快になりそうな内容みたいだ。

  • 自宅で監禁され、瀕死の状態で発見されたピーチ夫妻。犯人に連れ去られたひとり息子のローリーは懸命の捜査もむなしく遺体で発見され、子供たちの間では犯人像として「トロール」という不気味な名前が囁かれる―。二十七年前に起きた兄の失踪事件のトラウマに悩むキャフェリー警部は、過去と現在を結ぶある事実に行き当たるのだが…。

  • この緊張感がたまらない!

全6件中 1 - 6件を表示

モー・ヘイダーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トム・ロブ スミ...
レーナ・レヘトラ...
セバスチャン・フ...
トム・ロブ スミ...
キャロル・オコン...
ピエール ルメー...
ネレ・ノイハウス
アーナルデュル・...
アンデシュ・ルー...
ジャック カーリ...
アーナルデュル・...
ジェイムズ・トン...
フェルディナント...
ケイト・モートン
高野 和明
有効な右矢印 無効な右矢印

悪鬼(トロール)の檻 (ハルキ文庫)はこんな本です

ツイートする