残光 (ハルキ文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.43
  • (17)
  • (28)
  • (54)
  • (7)
  • (4)
  • 本棚登録 :283
  • レビュー :34
  • Amazon.co.jp ・本 (461ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758430616

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初の東直己作品。
    ストーリーとかそういうもの以前に文章が入ってこない。
    比喩がしっくりこない。
    ハードボイルドってこんな感じ?

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    凄腕の始末屋として恐れられた榊原健三は、今では人目を避けて山奥で暮らしていた。ある日、山を下りた彼の目に飛び込んできたのは、テレビに映ったかつての恋人・多恵子の姿だった―。事件に巻き込まれた多恵子の息子を救うべく、健三は単身札幌へと向かう。だが、彼女の息子が巻き込まれたのは、単なる人質事件ではなかった…。第54回日本推理作家協会賞を受賞した傑作長篇ハードボイルド。

    エンターテイメントハードボイルドとして評価の高い作品でしたが、僕がミスをしたのは元になっているシリーズを何も読まずに読んでしまった事でしょうか。やたらと登場人物多くてそれぞれのエピソードを細かく書いているので疾走感がたりないなあと思ってしまいましたが、オールスター物だったんですね、それは一見さんには分からない面白さが沢山有った事でしょう。筋としては充分面白かったのですが、そういう点で残念でありました。

  • 札幌を舞台にしたハードボイルド。
    ハードボイルドにしては少し物足りなかった。

  • まるで探偵シリーズの番外編。素敵なメンバーがそれぞれの持ち味を発揮して楽しいんだが、その分健三の活躍が削がれた感は否めない。
    クライマックスで高田の絡みはいいんだけど、そういう終わりかたですか?
    しかし面白かった。
    ジレンマだなあ。探偵や桐原は最高なんだが、健三の孤高の闘いも楽しみたい。
    もうちょっと健三にはバッサバッサと外道を排除してもらったほうがよかったかな。

  • 2015.6.4-31
    榊原健三が恵太を救い出すハードボイルド。探偵の俺、桐原、相田、松尾が登場し、最後は高田のDJで解決すると言う呆気ないオチだけれど、まぁ楽しめるか。

  • ハードボイルドの男は本当、かっこいい!
    なぜか? それは守るべきものを守るからなのだ。その守るものとは・・・『愛』なんだなぁ~。
    キャ~~!かっこいい! 惚れちゃうよん。
    どうしてもご当地ミステリとなると甘くなってしまう私(札幌に帰省したときに、偶然、東氏にお会いしたし~。笑)。
    札幌ってね、不思議な街だよなぁ~って本当に思うの。
    華の都、東京からあんなに遠いのに、人口は今では170万人だもんね。
    ススキノもあって一見華やかそうに見えるんだけど、やっぱり所詮、地方都市は地方都市。
    そこで育ったものは、東京を目指すんだよね。
    ミステリの世界もほとんど東京が舞台でしょ。
    だから札幌を舞台にしてくれるミステリにはアンチ・本州派(北海道弁では内地だな。笑)としてはうれしい限りなのよ。
    だから影ながら応援している私は、ワクワクして読みました。
    まぁ~ハードボイルドだな~~っていうのが率直な感想です。(⌒o⌒;) アセアセ
    元・武闘派ヤクザが昔の約束を守るために元・恋人の幸せを守るというストーリーとしてはハードボイルドとして非凡ではありますが、そこは東氏の創作力&文章力!
    どんどん面白くなりハラハラドキドキ&ハートをズキュン!なんですわ(笑)。
    第54回日本推理作家協会賞を受賞するのも肯ける力作です。
    これまた榊原健三を主人公にした作品がでてきそうですね~(あ、もうでてるのかな?)。

  • 東直己らしい、と何冊も読んではいないが思ってしまった。
    始末屋とか暴力団とか日常的にあまり関わりのない話ではあるが、始末屋と言われる健三の姿は真っ直ぐで分かりやすく男の生き様に魅せられる。

  • 「榊原健三シリーズ」第二作。今回も前作と同じく、やくざから足を洗った主人公が昔の女の子供を守るために、山から降り来て暴れまくる。今回は警察の腐敗分子が出てくるが、「ススキノ探偵シリーズ」の主人公(便利屋)や高田、桐原、松尾といったキャラクターも出てくるので、そういった面白さもある。

  • 煩わしくて途中で読む気なし

  • うむむ、残光?わかるような... 人間関係は最後まで解らず、深いところの根本の因果関係は掴めていないのだけど、複数の人間の状態が短いスパンで解り話が途切れない。息をつかせず迫ってくる展開なのに最後があまりにあっさりでだから残光なのか?

全34件中 1 - 10件を表示

残光 (ハルキ文庫)のその他の作品

残光 単行本 残光 東直己

東直己の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

残光 (ハルキ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする