波涛の牙 (ハルキ文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.41
  • (3)
  • (5)
  • (12)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 73
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758430890

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 海保の特救隊の話。台風が迫る中北朝鮮船籍の船を助けに行ったらヤクザが乗ってて40kgのコカイン積んでて、シージャックされてさぁどうする的な。数ページ出てくる海自の描かれ方がずいぶんと酷いなぁって印象。

  • 海上保安庁って、馴染みがないけど、カッコいい海の男の集まりなんですね。

  • 市立中央図書館。
    返却済につき内容の記憶ほとんどなし(T_T;。

  • 恋の鞘当みたいな感覚が古い、しかも相手がおやじとか。
    それ以外は面白かった。

  • 荒天の海で北朝鮮国籍の船を救助し、結果重大事件に巻き込まれる海保特殊救難隊が主役の話。シチュエーションや登場人物たちは、文句なしですこぶる良いのですが。なんというか・・・、食い足りないというべきか・・・、もうちょっといろんなものを重ねてほしいという感じです。名手の手による作品なので、おのずと期待するレベルは高くなり、評価は辛くなってしまうのです。

  • 特殊救難隊が題材の小説。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

今野 敏(こんの びん)
1955年北海道三笠市生まれ。上智大学文学部新聞学科在学中、「怪物が街にやってくる」で問題小説新人賞を受賞。大学卒業後、東芝EMI入社。ディレクターと宣伝を勤める。主な担当は、TMネットワークの前進バンド『スピードウエイ』。宣伝では、オフコース、甲斐バンド、チューリップなどニューミュージックを担当。1981年、同社を退社、作家に専念。
2006年『隠蔽捜査』で第27回吉川英治文学新人賞を受賞。2008年『果断 隠蔽捜査2』で、第21回山本周五郎賞、第70回推理作家協会賞を受賞。
2018年は「作家生活40年」のメモリアルイヤーで多くの特集が組まれている。2018年7月、任侠シリーズ最新刊『任侠浴場』を刊行。

今野敏の作品

ツイートする