近藤勇 (時代小説文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.33
  • (8)
  • (19)
  • (61)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 148
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758431071

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 近藤勇を主人公にした新選組小説を読むのは何気に初めてでした。何時も土方さんばっかりだったからなぁ…すみません局長!
    話が逸れました。同じ作者の『新選組藤堂平助』や『歳三 往きてまた』よりは硬い感じがしました。勇さんが藤堂さんや土方さんに比べて政治的な場面に出ているせいでしょうか。でもやっぱり勇さんは最期まで剣の人、そして武士だったと思います。
    ラストの相馬さんや野村さんと勇さんとのシーンがかなり感動でした。
    やっぱり秋山香乃さんの小説は最高っす!

  • 武士ではないが故に武士らしく、愚直なまでにも徳川家のために尽くす。おおらかでまっすぐで、上り調子のときは行け行けドンドンだけど、下り調子のときはとたんに気が小さくなる、そんな近藤を他流派の剣客たちも慕い、鉄の組織新選組となる。本書では池田屋事件から始まる。倒幕派志士が京城に火を放ち混乱の隙に帝を奪取する計画が露見。首謀者が潜伏すると目される池田屋へ近藤ら新選組が踏み込んだ。過激派の主要人物である宮部が近藤に放った最後の言葉が、呪いのように新選組に掛けられる。

  • これまでに書かれた「藤堂」「沖田」「土方」の3部作が斬新だったせいか、この「近藤勇」はちょっとステレオタイプな感じがした。上り調子の時は意気揚々と、下り調子になってくると元気がなくなってくる姿はよくある近藤さん像でもうひとひねりあったらなぁ・・・。でも、「武士になれなかった」と言いながらも、ただひたすらに会津と幕府に仕える姿はかっこいい。話の最初部分は土方さんがほとんど空気状態だったけど、近藤さんの気力が下がってくるにしたがって、どんどん本領をはっきしてくるあたりは土方さんっぽくてよかった。

  • 読んだかどうかがどうしても思い出せず、再読。
    秋山先生の新撰組シリーズは、「時代さえ違っていれば」というやるせなさを感じずにはいられない場面が多々ある。
    また、各隊士の話がどこかしらつながっているような気がして、他の人の話も好きな身としては「後日譚」や「裏話」を読んでいるような心地もして、嬉しい限り。

  • 今まで読んできた本では、土方さんを始め才能ある男たちが何故近藤勇に惹かれたのかが全く理解できなかったが、この本では近藤さんの良さがよく描かれていると思う。
    山南さんを始め、藤堂、伊東でさえ近藤を慕い、或いは認めつつ、己の信じる道のため離別せざるを得なかったという描き方が良かった。

  • 「わからねェのか、トシ。他の誰がなにを言うのもかまわねェ、おめェだけは、この俺の心意気を知っていろ」


    「俺のために生きることを考えてくれ」


    天領に生まれ育った故か、ただもう純粋に、生真面目に将軍の役に立ちたいと願った農民の男。
    武士になりたい、武士になりたい。
    その願いを抱き続けて、漸く叶う。

    彼の隣には常に、誰よりもわかりあえる親友がいたのだ。

    そんな二人の関係が愛しくて、だけど哀しくてならない。

    女性視点の近藤勇。
    本書には、女の子がもつ理想の近藤勇が詰まっているのだと思う。

  • ■「誠」の旗印の下、反幕派の男たちを戦慄させた鉄の組織、新選組。局長の近藤勇は、盟友土方歳三、沖田総司らとともに、京都で任務に励んでいたが、徳川幕府の屋台骨は徐々に崩壊していた…。愛する妻子と女を残し、歳三らとともに没落する徳川家に殉じ、義と忠と夢に命をかけた男を描く、書き下ろし時代長篇の傑作。

    ■■主人公は近藤勇。以前読んだ土方さんや藤堂さんに比べれば、話の流れははしょり気味だし駆け足っぽかったけど、まずまず近藤氏のかっこよい姿が見られます。印象に残った言葉は、近藤は「剣術屋」土方は「喧嘩屋(戦屋)」の部分。それが二人を分かつことに。あくまで幕府に忠義を尽くす近藤と、新選組のために勝つことを選ぶ土方、どこまでも近藤につき従う沖田。切ない。
    てか土方さんがまた素敵でした。この人の描く土方さんは、また格別にべっぴんです。


    歳三は誰のことよりも自分自身よりも、この世で”近藤勇”を大事にしている。勇に男の理想を見つづけている。ずっと傍にいる勇が気付いていないはずがない。

  • 4758431078 315p 2004・6・18 1刷

  • 秋山香乃の新選組ものでこれだけ読んでなかった・・・。

  • むしろ3.5/5。全体によくまとまっているが、近藤さんは女性関係が結構乱脈だったこともあり、艶事描写が多い。それもありちょっとやらしー感ばかりが残ってしまった。腐臭も濃いめ。

    拗ねてふて寝の副長がかわいすぎて困る……。

    ジャケ絵を見るとどうしても綱に掴まっているように見えてしまうんだが。く、くだらん。

全25件中 1 - 10件を表示

プロフィール

作家

秋山香乃の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
秋山 香乃
大内 美予子
秋山 香乃
木内 昇
秋山 香乃
秋山 香乃
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする