髏漫 (ハルキ・ホラー文庫)

著者 : 井上雅彦
  • 角川春樹事務所 (2004年7月発売)
3.54
  • (3)
  • (3)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • 17人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758431132

髏漫 (ハルキ・ホラー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「異形コレクション」監修者として多忙な著者の“異形な”ショートショート23編を収録。

    同レーベルからの個人作品集としては「綺霊」(2000.8)に続く第2弾ということになるが、前巻が書き下ろしのオリジナル作品のみだったのに対し、今回は収録作品の殆どが「異形コレクション」での作品(数作書き下ろしあり)ということで、既読感は強い。
    感想としては「綺霊」と似た感じか。煌びやかでかつ毒々しいイメージが溢れかえっているのはわかるのだが、それがとにかく突っ走ってしまい、個人的にはどうも「ついていけない」感じが拭えない。好きな人は好きなんだろうし、著者自信それでいいと思っているのだろうけれど……。

    角ホラの「異形博覧会」の頃の切れ味を取り戻すことはないんだろうか。あの1冊でこの著者が好きになった自分としては、モノ寂しくもある。

  • 「異形コレクション」収録作が主体のホラーショートショート作品集。でも書き下ろし作品も収録されているのは嬉しい限り。個人的にはもうこのタイトルだけでやられっぱなし。これから私の中で「ロマン」にはこの漢字をあてるぞ(笑)。
    やはり一番好きなのは「花十夜」かなあ。個々の作品の隅々まで、とにかく美しさに満ちている印象。「ほえる鮫」も好きだなあ。情景を思い浮かべると物凄く美しいのだけど、同じくらいにぞっとさせられるのが大きな魅力。
    あとは書下ろしである「怨盤」。わりに分かりやすい物語だけど、案外と盲点? これは少し笑える……かも。

  • ハルキホラー文庫からの二冊目の短編集。
    『翠の栖』の気持ち悪さが秀逸。

  • <A HREF="http://tg.cocolog-nifty.com/diary/2006/10/post_435c.html" target="_blank">2006年10月20日</A>

全4件中 1 - 4件を表示

井上雅彦の作品

髏漫 (ハルキ・ホラー文庫)はこんな本です

ツイートする