阪田寛夫詩集 (ハルキ文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
4.00
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758431286

作品紹介・あらすじ

美しい日本語のリズムにのせて、人間の優しさと寂しさを、世界の本質を鮮やかに提示する阪田寛夫の豊穣なことばの宇宙。第一詩集から未刊詩篇まで、一三二篇を収録した珠玉のアンソロジー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 童謡の数々。
    しかし一番ぐっときたのは、くちなし。

  • 旅行記 : 名古屋 〜ある友との邂逅〜 &『阪田寛夫詩集』と『時代おくれ』
     
    http://ameblo.jp/pippu-t-takenoki/entry-10002774370.html

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

阪田寛夫(1925.10.18~2005.3.22)詩人。小説家。大阪市生まれ。両親は熱心なクリスチャンでかつ音楽好き。大中寅二(叔父)、大中恩(従兄弟)等、音楽を身近に育つ。50年、友人の三浦朱門等と同人誌「新思潮」を立ち上げ習作を始める。東京大学国史科卒業。朝日放送に入社、上司の庄野潤三に影響を受ける。63年退社後は童謡の作詞、放送台本、ミュージカル制作で数々の賞を受賞。小説では74年、「土の器」で芥川賞、87年、「海道東征」で川端康成文学賞を受賞。89年、日本芸術院恩賜賞を受ける。評伝文学、児童文学にも大きな業績を残した。

「2018年 『庄野潤三ノート』 で使われていた紹介文から引用しています。」

阪田寛夫の作品

ツイートする