大江戸亀奉行日記 (時代小説文庫)

著者 :
制作 : 中沢 寿美子 
  • 角川春樹事務所
2.81
  • (2)
  • (1)
  • (7)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 26
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (111ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758431491

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館で表紙が目に入ってきて、亀の本!?と思い手に取った。亀の世界を江戸時代風に面白おかしく書いてある。日本に昔からいたイシガメと、上方から来たクサガメ、外国からやってきたミドリガメの対決。意外と深い言葉もあったりで、簡単に読める話だったが面白かった。また、中澤寿美子さんの挿し絵も味があって良かった。

  • 不忍池を舞台にしたカメたちの騒動。イシガメたちがのどかに暮らす中、クサガメ、ミドリガメが移住してきて…
    ”生態環境時代小説”らしい。薄くて絵がたくさんあるし、字が大きくてすぐ読めてしまう。右傾化する若者たちやフェミ論なども登場して出版当時(2004年)の日本の風刺なのだが、いまいちツボにはまらず。

  • 帯に「本邦初、生態環境時代小説」とある通り、上野の不忍池に住まうイシガメ亀山左衛門尉俊寛とその仲間の亀たちの日常を記したもの。イラストつきで文字も大きいので30分もあれば充分に読めてしまうもの。

    そもそも、本屋さんの時代小説コーナーを物色して目についたのだが、たまたま開いたページが見開き2ページのイラストにでっかい文字で一言

    「静まれい!」

    だったので{ナンじゃこりゃ?!}と思って手にとった次第。
    薄っぺらい本だし、見るからに馬鹿馬鹿しそうなので、これに600円近くも出すのはどうかとも思ったが、ヘンなものほど読みたくなるのもまた一興。

    どこぞの大統領を思わせるジョージという外来の亀が出てきたり、どこぞの知事を思わせるような、群団率いる石亀慎太郎という亀に上方から下ってきた亀やフェミニストな亀も登場したりとお江戸にある池という狭い世界で繰り広げられる戦いはなかなか現代的でグローバル。といっても今となってはネタが古いか。

    亀のことはまったく知らなかったけど、ミドリガメというのは外来モノらしい。風刺がよく効いてるが、作者の松井さんは亀好きなのできっと楽しんで書き下ろしたのだろう。

  • 亀の奉行パロディ。

  • 手にとって、びっくり・・・
    字が大きい、ユニークな絵がいっぱい・・・
    登場亀(人)物も
    石亀慎太郎とか、亀井千鶴子とか・・・
    この作者ならではのユーモア満載。
    気軽に、ふわ~っとリラックスして読める本。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1953年京都生まれ。小説家。早稲田大学大学院修士課程修了。松竹株式会社で歌舞伎の企画・制作に携わる。97年『東洲しゃらくさし』でデビュー。『仲蔵狂乱』で時代小説大賞、『吉原手引草』で直木賞受賞。

「2018年 『作家と楽しむ古典 好色一代男 曾根崎心中 菅原伝授手習鑑 仮名手本忠臣蔵 春色梅児誉美』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松井今朝子の作品

ツイートする