ふりむいてはいけない (ハルキ・ホラー文庫)

著者 : 平山夢明
  • 角川春樹事務所 (2005年7月1日発売)
2.95
  • (1)
  • (5)
  • (24)
  • (5)
  • (2)
  • 77人登録
  • 17レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758431866

ふりむいてはいけない (ハルキ・ホラー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お祖父ちゃんがカマキリの頭をねじって外すお話にゾッとした。
    頭はカマキリ、体は人間って・・亡くなったお祖父ちゃんだったのだろうか。カマキリの祟り?

    いじめや水子系のお話はなんともいえない・・・
    でも最後のあのぅはホロっときた

  • ハルキホラー文庫のホラー短編集。本当にショートショートで、200余ページの中に26編入っているので、怖いと思う間もなく終わってしまう印象。内容はホラーといってもそこまで怖くなく、むしろ表紙や装画のほうがとても怖い……。

  • 幽霊物ですが・・・
    同じ作者のイッちゃった人を書いた作品の方が
    怖いってのが・・・。( 一一)
    幽霊も怖いけど、ベッドの下で刃物を持って
    潜むオッサンの方が怖い時代・・・。

  • これも、付き合ってはいけない同様、
    挿絵が怖い。
    ラストの挿絵は栞で隠しながら読んだ記憶がありますね。

  • こちらは心霊モノ。
    写真がこええええ。

  • 実話ホラーものです。ユーレイとか超常現象のたぐいの話です。
    このタイプは写真ついてるから途中でこころが折れそうになります。
    個人的にはこの「説明不可能な存在による恐怖」みたいなのが苦手なので平山さん作品で今後読むことは少ないだろうな…と思います。
    ホント、こころが折れそうになる…作品でした…。

  • この世で一番恐いのは人間です。
    それを思い知らされた1冊。
    一人暮らしの方は、読まないでください。
    しかしこれもまた、全て実話です。

  • 非心霊系怪談の方がどぎつい分、心霊系は安心?して読めてしまう。かなりキツイ挿絵が入るのだが、これで怖さを一層煽られるか、あるいは興ざめするかは人によりけりだろう(自分は……やや後者)

  • 8月24日読了。「独白するユニバーサル横メルカトル」の著者による現代の怪談集。薄い本だがポイントポイントにコワイ写真が挟まっていたり、字が少なめかつ改行が多めでゴシック太字による強調が入っていたりして読みやすく、結構こわい。どんなに退屈なときでも、コックリさんをやったり深夜に廃病院にドライブに行ったり肝試しに行ったりするような友人は、絶対に持つまい!と思う。何故だか知らないが、幽霊は「長い黒髪の若い女性」が多いんだね、別れる可能性のある交際は染めたショートカットの女性に限る、ということか?

全17件中 1 - 10件を表示

平山夢明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ふりむいてはいけない (ハルキ・ホラー文庫)はこんな本です

ツイートする