食の王様 (グルメ文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.07
  • (0)
  • (3)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758432221

作品紹介・あらすじ

シャンゼリゼ大通りでとびきりのフレッシュフォアグラをしずしずと頬張り、ヴォルガ河のキャヴィアを食べてソワソワし、ベトナムの戦場でネズミの旨さに仰天する。世界を股にかけた酒飲み修行で、ビール、ワイン、ウイスキー、etc.を飲み尽くす。底なしの食欲に取り憑かれ、旅に暮らした小説家・開高健が世界各地での美味との出逢いを生き生きと綴る、楽しい食欲エッセイ集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 精緻な表現にただただ脱帽。

  • 難解な文章ではないのに、馴染まなかったです
    リズムが合わないと云うか蹴つまづくようで読み進めるのが苦痛でした。内容は興味深かったので無念

  • 開高健が書くと、料理も本当にうまそうに思える。他で読んだものも多かった。

  • 高級なものから、ゲテモノまで、幅広すぎですよ!先生!

  • あまり覚えていません。すみません…

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1930年大阪生まれ。壽屋(現・サントリー)宣伝部を経て、作家活動を開始。主な著書に、『日本三文オペラ』『輝ける闇』『夏の闇』『私の釣魚大全』『人とこの世界』など。1989年逝去。

「2015年 『日野啓三/開高健』 で使われていた紹介文から引用しています。」

開高健の作品

ツイートする