最後の間者 (時代小説文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.71
  • (3)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (407ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758432498

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者の最大の持ち味であるミステリー要素満載、…なので内容はあえてこういうところで詳細について触れるべきではないと思われますが、信長と敵対する本願寺・上杉・毛利、それぞれの勢力と、その間者や謎の人物たちの心理戦。
    一つ一つ確実に潰しているようで、逆に追い詰められているような感覚…
    誰が見方か敵かわからない緊張感が最後のさいごまで続いて、ハラハラします。

  • 著者が得意とする時代推理小説。今回の主人公は京都所司代の嫡男・村井貞成と織田家に入り込んだ間者・市平。貞成が信長の命で間者を一掃する過程を中心に、互いの視点から話を進め、最後のどんでん返しまで見事なストーリーが展開。最後まで読めなかったです。

    2007.7.19読了

    クリックお願いします。
    →<a href="http://history.blogmura.com/in/011704.html"><img src="http://history.blogmura.com/img/history80_15_femgreen.gif" width="80" height="15" border="0" alt="にほんブログ村 歴史ブログへ" /></a>

    <strong>関連リンク→<a href="http://kazusanosukede.gozaru.jp/" target="_blank">上総介 戦国書店</a></strong>

全2件中 1 - 2件を表示

岡田秀文の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
和田 竜
池波 正太郎
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする