笑う警官 (ハルキ文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.53
  • (197)
  • (476)
  • (560)
  • (94)
  • (28)
本棚登録 : 3247
レビュー : 398
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758432863

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 軽くサクサクと読める本。
    主人公に緊張した場面が訪れず、スンナリと事が運び、
    犯人が分かってしまうのはちょっと残念。
    もう少しハラハラしても良かったかな???

  • 面白い警察小説のお手本のような作品だった。現職警察官に射殺命令が下るというドラマチック過ぎる設定も、佐々木譲のしっかりした文章のおかげでリアリティが増す。最後、身内の中の裏切り者と、敵対する組織の両方を同時に騙し煙にまく佐伯の策士ぶりは圧巻だった。他の道警シリーズも読もうと思う。

  • 解決後の対応が非常にアツかった。

  • アップ忘れ

  • コケた映画を先に観てしまったせいで、それを払拭するだけの材料が原作からは見いだせなかったのが残念。
    ストーリー的にはおもしろいと思うのに何かが足りない。

    むー、残念。

  • 位置や地名が詳細に記述されているので、札幌の街を思い浮かべながら読みました。
    映画化は失敗したそうですが、配役がイメージと全然違ったからじゃない?
    佐伯が大森南朋って、どうやっても想像つかない。
    津久井が宮迫ってのもなんだそりゃだし。

  • 間違えました。
    マルティン・ベック・シリーズの同名の本を借りたつもりになってました。

    あとがきによると、元々は「うたう警官」という題だったとか。
    作者ももちろん、マルティン・ベック・シリーズの作品は知っていて、
    角川春樹の勧めで改題したとか。
    うーん、間違えたから言う訳じゃないけど、元の題で良かったんじゃないの?
    やっぱり、そのまんまじゃなくて、ひねりは必要でしょ。

    でも、面白かったです。
    射殺が指示されたのはちょっと現実味を薄めたけど、
    囮捜査に入った二人のその後はリアリティがあったし。

    エンターテイメントとリアリティのバランスが良かった。
    掘り出し物でした。

  • 登場人物もそんなに多くなく、
    話の内容も、大きく飛んだりしないので読みやすかった。
    他のシリーズや、続編もよんでみたい。

  • 佐々木譲の「道警シリーズ」その1。
    遅ればせながら読んでみました。
    登録数2000人オーバー・・・・・。すげ。

    ストーリーも仕掛けも申し分ないんだけんど、なんか、こう、全般的に陰気なカンジが否めない。
    これが今野作品だったら、終盤に向けてぐわぁーっと盛り上がり、爽快感のあるラストになるのだろうなー、などと思ったり。

    などと、ぐだぐだ文句を言いつつ、続編に手を出してしまうのだった。

  • 解決までに時間的制約があるってのはいいですよね。
    お金だって制限があるからいいんだよひがみじゃねえよ。
    警察よりおれのほうが笑っておもそろかったです。え、うたうなの?

全398件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

一九五〇年三月、北海道生まれ。七九年「鉄騎兵、跳んだ」でオール讀物新人賞を受賞。九〇年『エトロフ発緊急電』で日本推理作家協会賞、山本周五郎賞、日本冒険小説協会大賞を受賞。二〇〇二年『武揚伝』で新田次郎文学賞を、一〇年『廃墟に乞う』で直木賞を受賞する。他に『ベルリン飛行指令』『疾駆する夢』『昭南島に蘭ありや』『警官の血』『代官山コールドケース』『獅子の城塞』『犬の掟』など著書多数。

「2017年 『武揚伝 決定版(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

笑う警官 (ハルキ文庫)のその他の作品

佐々木譲の作品

ツイートする