笑う警官 (ハルキ文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.53
  • (197)
  • (476)
  • (559)
  • (94)
  • (28)
本棚登録 : 3237
レビュー : 397
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758432863

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 好みの問題か、全然面白くなかった。古本屋に持って行こう。BOOK OFFで30円で売れました。

  • 時間があれば。

  • ある小説を読んでから読んだせいか、しっくりこない感じが否めなく、途中で読むのをやめてしまった。

  • どこが面白いんかサッパリわかんなかった!

  • いろんなところで言われていますがタイトルは「うたう警官」の方がよかったと思います(というか「笑う警官」の意味がまったくわからない・・・それならただの「警官」の方がマシな気がします)。
    内容は、面白そうなのに盛り上がりに欠けるというか。
    最後の最後だけ、ちょっとハラハラした程度でした。

  • タイトルがインパクト強いから絶対面白いって
    先入観で買ったけど
    面白くなくて最後100ページ弱を残して止まっています
    今から面白くなるのかな?
    映画も観ていないんだけど宮迫さんが重要な役しているのね

  • 展開がありえなさすぎる。根拠の薄いひらめきや外部からの援助で事がうまく進むのは、読んでてどうにも損した気分になる。映画はその辺をなんとか理由づけようとしたんでしょう、後半は小説とまったく違う流れになります。しかし、なんでこれが金字塔とか言われるのかは、理解に苦しむ。

  • オチがない

  • 濡れ衣を着せられた警官、組織の腐敗、タイムリミット、ととりあえず道具立ては揃えた感じ。
    しかし、平板な人物描写とテンポの悪い展開に絶句。オマケにあまりにも予想通りの裏切りまでついてくる。

    映画のノベライズと言われれば納得してしまいそうだが、実際映画化されるんだなこれ。うーん。

    しかしこれが「このミス」でランクインとは... ああ2006年なのか。あの年は不作だったな−。

著者プロフィール

一九五〇年三月、北海道生まれ。七九年「鉄騎兵、跳んだ」でオール讀物新人賞を受賞。九〇年『エトロフ発緊急電』で日本推理作家協会賞、山本周五郎賞、日本冒険小説協会大賞を受賞。二〇〇二年『武揚伝』で新田次郎文学賞を、一〇年『廃墟に乞う』で直木賞を受賞する。他に『ベルリン飛行指令』『疾駆する夢』『昭南島に蘭ありや』『警官の血』『代官山コールドケース』『獅子の城塞』『犬の掟』など著書多数。

「2017年 『武揚伝 決定版(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

笑う警官 (ハルキ文庫)のその他の作品

佐々木譲の作品

ツイートする