笑う警官 (ハルキ文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.53
  • (197)
  • (476)
  • (559)
  • (94)
  • (28)
本棚登録 : 3237
レビュー : 397
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758432863

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 北海道警ミステリ/ あらすじが面白そうで手が伸びた/ が、読む前に抱いたよりもだいぶん小粒な話だった/ 道警の稲葉事件を元に、事件下流で翻弄された人たちの話/ ちょっと会話劇に難がある気がする/ 時折誰のセリフか分かりづらい/ ○○が言った、も多すぎてテンポ悪い/ 有志が集まってチームが出来ていくのは良いが、主人公以外ほとんど使いパシリ感が否めない/ この手のチームものはもっとスペシャルな能力を持った者が集まるべきじゃないのか/ が、総合的に見て飽きずに読めました/

  • 笑うセールスマンならぬ笑う警官とはよくいったものだ。警官を笑わせたくないのはなにも警察官僚だけじゃない。でも裏切り者は笑う。

  • 警察内部モノで、巨大組織と戦う系。
    終盤の展開がジェットコースター級で引き込まれました。
    百合の有力ぶりが見ていて楽しいが振り返るとちょっと現実離れ。

  • ずるずると引きずり込まれる感やテンポの良さは、さすがこの著者と思わせる。
    ただ、見えない裏切者や真犯人捜しにわくわくする分、犯人やその動機がショボく感じる。

  • 事件のスケール感や、種明かしが正直物足りなかった。全体としてはよくあるキャリアvsノンキャリの構造でスッキリする展開には満足でした。

    個人的には長年住んでた札幌が舞台なので、殆どの場所がリアルにイメージ出来るという別の楽しみ方できた作品でした。
    新川のインターとか、ライオンのパチンコ屋とか狸小路とかetc...

  • 時間制限付きのサスペンスはやはり面白いですね。夜に読み始めると真夜中頃読み終わるので、今頃この段階かなーなんてにやにやしながら楽しめるし。
    しかし何故か佐伯さん、サイコパスの狡噛さんのイメージでずっと読んでしまった(笑)。
    機会があればシリーズ読んでみたい。警察小説慣れするためにも。

  • 大通署刑事、佐伯警部補が殺人容疑を掛けられた津久井を、有志で集った者達と無実を証明させる。

    真っ直ぐな警察内部事件の王道って感じでした。

    佐伯がクールだし、小島百合は良い仕事するし。

    警察内部や警察用語にしても、凄く簡潔な良い纏まりだし読んでて脱落しない(笑)

    下手な背景を織り込ませない所が良かった。

  • まあまあ

  • 途中までは面白かったのだが…。犯人&動機が分かってがっくりきた。
    捜査がサクサク進んだ割に、津久井を百条委員会に送り届けるまでしか書かれておらず、モヤモヤした。次巻でスカッとさせてくれるのだろうか。犯人が自殺すると誰も考えなかったのだろうか。当然あの場で確保でしょ?

  • 下敷きは実話なんだ。荒唐無稽と思ったが(一晩で事件解決)。名作と小耳に挟んで読んだわりには期待はずれ。違法捜査はなはだしい。ひと昔前のパソコンとか携帯がでてくると時代の変化を感じます。なんで「笑う」なのかわからん。

著者プロフィール

一九五〇年三月、北海道生まれ。七九年「鉄騎兵、跳んだ」でオール讀物新人賞を受賞。九〇年『エトロフ発緊急電』で日本推理作家協会賞、山本周五郎賞、日本冒険小説協会大賞を受賞。二〇〇二年『武揚伝』で新田次郎文学賞を、一〇年『廃墟に乞う』で直木賞を受賞する。他に『ベルリン飛行指令』『疾駆する夢』『昭南島に蘭ありや』『警官の血』『代官山コールドケース』『獅子の城塞』『犬の掟』など著書多数。

「2017年 『武揚伝 決定版(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

笑う警官 (ハルキ文庫)のその他の作品

佐々木譲の作品

ツイートする