出雲 神々への愛と恐れ (ハルキ文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758432887

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • こういう展開になるんだと思いました

  • K美を殺してやりたい、という呪いの絵馬を出雲大社に掲げたと思われる、M銀行のOL堀井恵が殺された。警視庁捜査一課・十津川警部らの捜査によって、K 美とは、モデルあがりのデザイナー井崎清美と判明。当初、エリート銀行員・栗田信彦をめぐる三角関係のもつれかと思われたが、栗田が岡山から出雲へ向かう特急「やくも13号」の車中で毒殺され、事件は予想外の展開を見せ始めた。十津川警部の推理が冴える、長篇トラベル・ミステリー。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1930年東京生まれ。65年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞を受賞。81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞を受賞。2004年には第8回日本ミステリー文学大賞を受賞。トラベル・ミステリーで活躍。

「2018年 『房総の列車が停まった日』 で使われていた紹介文から引用しています。」

出雲 神々への愛と恐れ (ハルキ文庫)のその他の作品

西村京太郎の作品

ツイートする