雛の鮨―料理人季蔵捕物控 (時代小説文庫)

著者 : 和田はつ子
  • 角川春樹事務所 (2007年6月1日発売)
2.94
  • (10)
  • (31)
  • (100)
  • (47)
  • (8)
  • 本棚登録 :456
  • レビュー :81
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758432993

雛の鮨―料理人季蔵捕物控 (時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あら。
    意外と面白かった。

    春・夏・秋・冬と季節に添った4編が収録されている。
    それぞれ季節を大事にした料理が登場するものの、
    料理よりは捕物に焦点があたっているので肩すかしを食らった感もあるけれど、そういえば、「捕物控」ってなってたね。。。

    塩梅屋の主人、長次郎亡き後、店と一緒に大きな秘密も任された季蔵。
    続巻も読んでみようとは思うけれど、事件の顛末は全てテンプレートな結末かな、という一抹の不安もあったりなかったり。

  • まあまあかな。
    事件の終わらせ方がさくっとし過ぎな気もするけど。

  • 展開が雑すぎる。20巻くらい出てたから面白いはずだと思ったのに、ショックだなぁ。

  • 初めての著者。江戸時代の捕物と料理、これ以上の組み合わせはないね。次も読みたくなる。

  • 連作短編4編
    武士を捨て料理人として生きる季蔵.のっけから主人長次郎が殺されて、あれよあれよという間に主人の裏稼業まで継ぐ事態になってくる.が,少しご都合主義的で,人物がみんな人形か出来の悪い俳優のようで,全体にぎくしゃくした感じが残った.

  •  結構おもしろいな、て思ったのに、意外と評価が低い…。
     他のかたのレビューにもあったけれど、確かに、痛快さにはちょっと欠けるかも。
     でも、料理人が主人公だし、この程度でいいのかな、と思うんだけれど。

     料理については、正直、私は食べものにまったく拘りがないし、どうでもいい人なので、描写のうまい下手はよく分かりません。

  • 料理店塩梅屋で働く元武士の料理人が主人公
    塩梅屋の主人が遺体で見つかり事件に巻き込まれていくのだが、、、、

    料理人が主人公なんだがあんまり料理料理はしていなくて残念

  • イケメンがやたら登場する小説。眼福眼福。ヒーローがふつうに男前っていいよね。安心して読めるわ。
    これは・・・「時代小説」に分類されていいのかしら。笑
    最後まで
    「烏谷を信用して、ええの!?」
    と、そういう方向でのどんでん返しにソワソワしたけど、信用してよかったみたい。たぶん。

    池波正太郎氏でもそうやけど、いい人はイケメン、悪い殿様は性根まで腐ってる、って、わかりやすい設定が好きだ・・・。
    あとそこに料理ネタを放り込んできてくれたらいうことなし・・・。

    この「長次郎柿」って、干し柿とはまた違うよねえ・・・。
    美濃柿か・・・。たぶん、わからん・・・(笑)。
    ここらでは四角くて立派な富有柿を高値で見るけど・・・、んん? あれっ、美濃柿って、富有柿の一種?

    でも、作中で語られた「美濃柿」は、やや長細い楕円で先が尖ってるみたいな印象やったけど、違うのかな??


    あとはまあ、お雛様のお鮨がおいしそう・・・。
    一話から四話までで季節がひとめぐりしてたねえ。


    瑠璃ちゃんのこととか、すごいオチになってるし、この先季蔵は離れで裏稼業を営むのかなとか・・・。
    (まあ、営むやろうな)

    とりあえず早急に続きを読もう。
    しかしこれはドラマ化されてないのねえ、意外。


    ■■■■


    ■猪牙舟 ちょきぶね

    猪の牙のように、舳先が細長く尖った屋根なしの小さい舟。江戸市中の河川で使われたが、浅草山谷にあった吉原遊郭に通う遊客がよく使ったため山谷舟とも呼ばれた。

    (2016.10.08)

  • 期待が大きすぎた。

    暇なときに手元にあれば読みたい。

  • 料理人李蔵捕物控
     雛の鮨
     七夕麝香
     長次郎柿
     風流雪見鍋

    銀座三河屋の「煎り酒」をもらったので
    使い方見本として読んだ本。

    「煎り酒」上品でおいしい調味料です。

全81件中 1 - 10件を表示

和田はつ子の作品

雛の鮨―料理人季蔵捕物控 (時代小説文庫)に関連する談話室の質問

雛の鮨―料理人季蔵捕物控 (時代小説文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする