室生犀星詩集 (ハルキ文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.59
  • (5)
  • (6)
  • (16)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 68
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758433150

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 金沢の犀星記念館でこの詩集をかいました。彼の寂しさは、生まれ落ちた時から既に始まっていたのです。
    今日ほれて明日わかれあさってまたほれて別れる、人生は茫々たりと彼は表現する。とても深いと感じますね。

  • p.21 「
    砂山に埋め去るものは君が名か
    かひなく過ぐる夏のおもひか
    いそ草むらはうれひの巣
    かもめのたまご孵らずして
    あかるき中にくさりけり」

    p. 23「われはやさしくありぬれど
    わがこしかたのくらさより
    さいはひどもの遁がれゆく
    のがるるものをおふなかれ
    ひたひを割られ
    血みどろにをののけど
    たふとや、われの生けること
    なみだしんしん涌くごとし」

  • 故郷は遠きにありて歌うもの。
    そして悲しく歌うもの。

  • 以前室生犀星記念館に行った時に、
    展示されていた詩をずっと探していて
    最近たまたま見つける事が出来ました。

    お恥ずかしながら室生犀星の小説を読んだことが
    ないのですが詩はみずみずしく心がきりりとする様でした。

    しかし萩原朔太郎とのエピソードは凄いなと思いました。

  • 「サウンド文学館・パルナス 室生犀星詩集」 朗読:柄本明
    根暗だなぁ。

  • 数行の詩に一分でも二分でも、何ならコーヒー一杯分かけてみる

  • 経験しておいて損はない。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1889年(明治22)生まれ。本名照道。俳号は魚眠洞。1902年、金沢市立長町高等小学校中退。裁判所に給仕として勤めながら俳句、詩作を始める。抒情詩人として名をあげ、戦後は小説家として活躍した。1962年(昭和37)死去。代表作に詩集『愛の詩集』『抒情小曲集』、小説『幼年時代』『性に目覚める頃』『あにいもうと』『杏っ子』、評論『わが愛する詩人の伝記』など。

「2018年 『新しい詩とその作り方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

室生犀星詩集 (ハルキ文庫)のその他の作品

室生犀星の作品

ツイートする