秋の蝶―立場茶屋おりき (時代小説文庫)

著者 : 今井絵美子
  • 角川春樹事務所 (2008年4月1日発売)
3.75
  • (6)
  • (18)
  • (9)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :89
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758433303

秋の蝶―立場茶屋おりき (時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 実はだいぶ前に読んだのを、登録忘れていたので今更登録。

    陰間専門の子供屋から救い出された三吉は、耳は聞こえないながら、
    おきちやおかみのおりき、善助らに支えられ、元の日常を取り戻していく。
    そんな折、品川宿で“産女”騒動が持ち上がる。
    太郎ヶ池に夜遅く、赤児を抱えた浴衣姿の女が出現するという…。

    毎回起こる、男女の諍い、裏切りからくる哀しい事件。
    人情深いおかみのおりきはいつも一肌脱ぐ。

    「従業員はみんな家族」観がとても強くて、それだけに周りの人は
    おりきに甘えすぎなんじゃないかという気もするけど(笑)。
    でもおりきはいつでもどーんと、肝っ玉母ちゃんっぷりを発揮して、
    周りの人みんなを包み込むのです。

    みをつくし料理帖もそうだけれど、火事がつきものの江戸時代…。
    立場茶屋が、類焼で燃えてしまう。
    辛い過去を持つ人たち、老若男女、みんなが一丸となって働くおりきさんのお店なれば、きっと再興はすぐそこだと思う。

  • うつりゆく四季折々の美しい景色と共に情緒豊かにつづられる物語は相変わらずで、おりきさんのまわりで次々起こるできごと。
    お金のためにわが子を売る人もいれば、血のつながりはないのにわが子、家族同然に思いやる人もいる。
    けれど、おりきさんの周りにはおりきさんはじめ、みんな気持ちいい人ばかり。
    情けは人のためならず。

  • シリーズ3

  • 女将さんのために、壺を取りに火の中に飛び込んだ巳之吉と弥次郎。
    おりきは幸せだなぁ。

  • 10月30日~11月2日

    陰間専門の子供屋から助けだされた三吉は、双子の妹おきち、おりきを始めとする立場茶屋の人々の愛情に支えられ、心に深く刻みつけられた疵も次第に癒えつつあった。そんな折、品川宿で“産女”騒動が持ち上がった。太郎ヶ池に夜遅く、白布にくるまれた赤児を抱えた浴衣姿の女が、出現するという…(「秋の蝶」より)。四季の移り変わりの中で、品川宿で生きる人々の人情と心の機微を描き切る連作時代小説シリーズ第三弾、書き下ろしで登場。

  • 立場茶屋おりき3話
    おりきの物事を決める様は読んでいて気分がいいのですが
    周囲の人間のお莫迦ぶりに、相変わらずやるせない思いで
    読んでます
    でも・・・面白い(茶屋部分が類焼しました!)

  • L 立場茶屋おりき3

    どうも拍子抜け事件が多いような。福寿草は伏線散々振っといてなんもなし。
    それにしても従業員のバタバタ、勘弁して欲しい。まったく趣のある宿がつたわってこない。
    1頁半もある「口語」にも辟易。

全7件中 1 - 7件を表示

今井絵美子の作品

ツイートする