魯山人の美食手帖 (グルメ文庫)

制作 : 平野雅章 
  • 角川春樹事務所
3.19
  • (0)
  • (4)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 79
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758433310

作品紹介・あらすじ

「ふぐの代用になる美食はわたしの知るかぎりこの世にはない」。若いころ心ゆくまで食べたかった鮎の話、食材を最大限に活かす利用法、料理を載せる器について…。料理を心から楽しむために、料理の風情に重きを置き、料理を食する環境を大切にした稀代の美食家・北大路魯山人。食を語ることで美をも語り、さらには生の本質にまで迫る食の名エッセイ集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 世の中のグルメやグルメ漫画の言ってることの元ネタがいかに魯山人であるかわかる本
    エッセイなんで感想と言っても難しいが、同時代に生きていたとしても
    決して友人づきあいはできなさそうな人間性は伺えた(笑)
    極めるひとはかくあらねばならないのかw

  • 美食家、北王路魯山人による食のエッセイです。
    書かれたのは戦後すぐであるにもかかわらず、
    貪欲に美食を求め、独自の審美眼を持っていた
    魯山人は素晴らしいです。

    物事の本質を理解している人というものを
    知ることができる一冊です。

  • まいと~く水豆コンブ
    小六すんの切れ目を入れたコンブの上に豆腐をのせいだけ

  • 鰹節とそれを削る鉋にかける情熱が半端じゃない。

  • ちょっと魯山人について知りたくなりました。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

北大路魯山人 (きたおおじ ろさんじん)
料理研究家・陶芸家・書家=本名房次郎。1883(明治16)年、京都・上賀茂神社の社家の次男として生まれる。1904(明治37)年、日本美術展覧会の千字文の書で一等を受賞。その後、篆刻、陶芸に手を染める。19年には古美術商を営むかたわら、会員制の「美食倶楽部」を発足させる。25年には東京麹町に、当時のセレブを対象にした日本料理の料亭、星岡茶寮を創設、顧問兼料理長に就任。26年、北鎌倉の山崎に窯を築き、星岡窯と称した。料理と陶磁器と書に鬼才を発揮、新境地を開いた。美食に人生をかけ、美的生活に耽溺した。1959(昭和34)年12月21日、好物のタニシのジストマによる肝硬変で死去。

「2020年 『魯山人の和食力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北大路魯山人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森見 登美彦
ヘルマン ヘッセ
ヘミングウェイ
村上 春樹
遠藤 周作
フランツ・カフカ
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

魯山人の美食手帖 (グルメ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×