警察庁から来た男 (ハルキ文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.68
  • (100)
  • (300)
  • (258)
  • (25)
  • (4)
本棚登録 : 1737
レビュー : 177
  • Amazon.co.jp ・本 (346ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758433396

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これは北海道警察シリーズ第二弾。
    いやぁ、面白かったです。
    津久井刑事が大活躍。
    また続編を読むべく借りてきています。
    楽しみ!

  • 警察官僚も、ふつうの官僚とあまり変わらないんだなぁ。
    警察の中でも刑事はやはり別格か。公務員ではないな。笑

  • シリーズ第2弾。凄まじく面白かったwww すごいなマジで。最初は裏で何が起きているのか、黒幕は誰か、徐々に突き止めていくとこが巧く描けててヤバい。興奮する。容疑者との会話の駆け引きや、心理的な攻防も面白かった。

  • 『警視庁から来た男』のキャラクターが好きです。
    有能で正義感が強くて…再登場してくれたら嬉しいです。

  • 道警シリーズ第二弾。『笑う警官』の続編だ。左遷された津久井はどうなるのか、佐伯とのコンビも復活か、と興味を持って読み始めた。

    道警の生安に警察庁の緊急特別監察が入る。果たして、道警にどんな悪が潜んでるのか。巨大な悪に立ち向かう正義。巨悪の正体は、数年前の失態の謎は。たまらんな。

    読後は、スカッと爽やか、前作にも増してテンポが良く、マンネリ感も無い。このシリーズもなかなかだな。面白い。非常に面白い。

  • 道警シリーズの中で一番面白い♪と感じました ^^
    第1作よりもキャラクターが色濃く出ていて、どんどん面白くなっていく感が堪らない♪

  • 道警シリーズ第2弾。

    前作の世界観が大好きになっていたので、続編に大喜び。

    所属も業務もバラバラに散った3人の仕事がクロスしていく様は、
    読んでいて心地が良いエンタテイメントに仕上がっていた。

    キャリア警察官VS所轄の刑事 という、ここ10年くらいで急速に使い古された構図も、佐々木譲ならではの味付けがなされていて◎。

    小島さんが、格好良かったV。

    2009年末or2010年 の頃に読了。

    2012.02.28.書。

  • 笑う警官の続き(?)
    こっちの方が好きだな。

  • 「笑う警官」に続く北海道警察シリーズ第二段。面白かった。はやく第三段を読んでみたい。

  • 道警シリーズの第1弾『笑う警察』に引き続き、警察内部の腐敗を扱っているが、単独でも楽しめる内容になっている。
    鹿島警部補、山岸数馬など癒着するのが署内の組織ではなく、「草野球チーム」というのが面白い。
    監察の捜査のキッカケが海外メディアにあるというのがなんだか悲しい。

著者プロフィール

一九五〇年三月、北海道生まれ。七九年「鉄騎兵、跳んだ」でオール讀物新人賞を受賞。九〇年『エトロフ発緊急電』で日本推理作家協会賞、山本周五郎賞、日本冒険小説協会大賞を受賞。二〇〇二年『武揚伝』で新田次郎文学賞を、一〇年『廃墟に乞う』で直木賞を受賞する。他に『ベルリン飛行指令』『疾駆する夢』『昭南島に蘭ありや』『警官の血』『代官山コールドケース』『獅子の城塞』『犬の掟』など著書多数。

「2017年 『武揚伝 決定版(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

警察庁から来た男 (ハルキ文庫)のその他の作品

警察庁から来た男 単行本 警察庁から来た男 佐々木譲

佐々木譲の作品

ツイートする