勝手に甦る記憶 (ハルキ文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
2.73
  • (0)
  • (1)
  • (6)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (420ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758433426

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 心理サスペンスになるのかな? 脳科学にはまだまだ解明されていない部分も多いだろうけど、こういうのは怖いなあ。タイトルの「勝手に甦る記憶」ってのはかなり怖かったです。
    だけど。一番怖いのは日本の対外的政治における云々の部分じゃないかと……きっと最も恐れるべきは、現代社会の現実なんでしょうねえ。どうも政界のあれやこれやが、まるっきりの絵空事だとは思えなかったのでした。

  • 中国政府、テロ、開発された薬品など、この作品自体に慣れるまでにかなり時間がかかった。終盤を興味をもって読めたけれど、結末には少し納得がいかなかった。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

小説家

「2015年 『白骨温泉殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉村達也の作品

ツイートする