赤ひげ診療譚 (時代小説文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.94
  • (5)
  • (8)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (331ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758433822

作品紹介・あらすじ

長崎で最新の医学を学び、江戸に戻った保本登は、突然小石川養生所に呼び出され、見習い勤務を命ぜられた。エリートとしての矜持を抱く登は、「赤髯」と呼ばれる医長・新出去定の強引さに不満を抱き、激しい反発を覚える。だが、養生所を訪れる貧しい患者たちや、徒労とみえることに日々を費やす「赤髯」とふれ合ううち-。病や死を通して"生"の重みを描き出した、山本周五郎渾身の傑作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「生きる」ことは本当に大変なことだと思います。今この時も、「生きる」ことに希望を見いだせずにそれでも踏ん張っている人たちがいる。知りつつも何もできずに生きている自分がいる。
     「赤ひげ医師」こと去定はいう『見た眼に効果のあらわれることより、徒労とみられることを重ねてゆくところに、人間の希望が実るのではないか。おれは徒労とみえることに自分を賭ける』と。『温床でならどんな芽も育つ、氷の中ででも、芽を育てる情熱があってこそ、しんじつ生きがいがあるのではないか。』と。
     「死」を見つめて「生」を問い、弱さの直中にいる者へ何が出来るか? 何をすべきか?を問う。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

山本 周五郎(やまもと しゅうごろう)
1903年6月22日 - 1967年2月14日
山梨県北都留郡初狩村(現:大月市初狩町下初狩)生まれの小説家。小学校の担任から小説家になるよう励まされ、志望するようになる。小学校卒業後、質店の山本周五郎商店に徒弟として住み込む。その後帝国興信所(現:帝国データバンク)文書部を経て、1926年『須磨寺附近』を執筆、これが出世作に。
1943年『日本婦道記』が第17回直木賞に選ばれるが辞退。菊池寛との不和が影響したとも言われ、歴代の直木賞の中で唯一の辞退者となった。ほかにも「読者から寄せられる好評以外に、いかなる文学賞のありえようはずがない」という信念から、多くの文学賞を辞退している。功績を記念し、1988年に優れた物語性を有する小説」を対象とする山本周五郎賞が発足。
主な代表作に、NHK大河ドラマをはじめ映像化・舞台化が絶えない『樅ノ木は残った』、テレビドラマ・舞台化された『さぶ』、黒澤明監督が映画原作に用いた『赤ひげ診療譚』。

赤ひげ診療譚 (時代小説文庫)のその他の作品

赤ひげ診療譚 Kindle版 赤ひげ診療譚 山本周五郎
赤ひげ診療譚 (新潮文庫) 文庫 赤ひげ診療譚 (新潮文庫) 山本周五郎

山本周五郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
東野 圭吾
宮部 みゆき
山本 周五郎
山本 周五郎
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする