お宝食積―料理人季蔵捕物控 (時代小説文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.39
  • (8)
  • (27)
  • (41)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 268
感想 : 25
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758433877

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 内容(「BOOK」データベースより)
    日本橋にある一膳飯屋“塩梅屋”では、季蔵とおき玖が、お正月の飾り物である食積の準備に余念がなかった。食積は、あられの他、海の幸山の幸に、柏や裏白の葉を添えるのだ。そんなある日、季蔵を兄と慕う豪助から「近所に住む船宿の主人を殺した犯人を捕まえたい」と相談される。一方、塩梅屋の食積に添えた裏白の葉の間に、ご禁制の貝玉(真珠)が見つかった。一体誰が何の目的で、隠したのか!?義理と人情の人気捕物帖シリーズ、第四弾。

    平成30年12月2日~6日

  • 20190318 読破
    料理人季蔵捕物控 4
    林巻(りんまき)風呂敷大根を作ってみたくなった

    ・お宝食積(くいつみ)
    ・ももんじ姫
    ・紅白酒(べにしろざけ)
    ・精進斬り

  • 料理人季蔵捕物控シリーズ第4弾

    食積みというお正月のお膳を初めて知った。

  • 陰で悪巧みを働き次々と女を辱める利慶を口がきけない尼に扮した季蔵が仕留める。段々と先代の長次郎の裏稼業も板に付いてきたようだ。

  • お宝食積 
      お正月のお飾り
    ももんじ姫
      いわゆるジビエ?
    紅白酒
      このしろ
    精進斬り
      雛料理

  • お宝食積み、ももんじ姫、紅白酒、精進斬り。疾風牙、理円(利慶)。

  • 次なるシリーズを求めているんだけど。
    今は合わないかぁ。

  • 料理人季蔵捕物控シリーズ第4弾。

    今回は盗賊集団・疾風牙をめぐる事件の連作短編集。
    成り行きで、とかしかたなく、とかで事件に関わることが多かった季蔵だったが、事件に巻き込まれた女性たちに肩入れして、積極的に関わっていく。
    これから連作形式の形で進んでいくのかな。

    収録作品:お宝食積 ももんじ姫 紅白酒 精進斬り

  • 食べたくなる。

  • 今回は今までになく料理の描写が細かくて、読んでいて楽しかったです。
    捕物自体はさほどではなかったのですが、最後はきっちり終わるので気分は悪くないです。ただ、結構な悪だったのに、あっさりやられてしまうのはなんだか物足りない気もします。ではもっとひどくやってしまったほうがいいのかと言われるとそれもどうかと思うので、もう少し何かバランスよくしてほしい気がしてしまうのでした。うまく言えませんが。

全25件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京都生まれ。日本女子大学大学院修了。「料理人季蔵捕物控」「口中医桂助事件帖」「鶴亀屋繁盛記」「余々姫夢見帖」「お医者同心中原龍之介」「鬼の大江戸ふしぎ帖」「はぐれ名医」シリーズなどの時代小説を精力的に執筆するとともに、現代ミステリー「青子の宝石事件簿」シリーズ、『わらしべ悪党』も刊行。

「2021年 『花人始末 出会いはすみれ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

和田はつ子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

お宝食積―料理人季蔵捕物控 (時代小説文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×