ラストノート―きみといた季節 (ハルキ文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.57
  • (15)
  • (21)
  • (33)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 172
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758433884

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大学時代に恋人同士だったが、未練を残したまま別れ、社会人になった洋祐と文香。二人が交互に主人公になり、話が進んでいく。

    文中にもあるけど、文香が融通が利かなすぎるというか、端的に行ってしまえば自分本位な人間に見えました。洋祐と別れた理由もあまりにも……。
    それ故に悩んでいるのは分かるものの、洋祐とヨリを戻してほしくないなと思いながら最後まで読んでいました。
    文香を嫌いになりきらなかったのは後輩キャラ・亮のおかげでした。亮という後輩キャラにほぐされるように、文香がどんどんリラックスしていくようで、ホントこの二人を応援していました。
    洋祐と幼なじみのほうは王道のような結ばれ方でホッとした。

  • まさにラストノート(香水)のように残った恋。
    文香より洋祐の方に共感したかも。現在進行ではなく、固執や過去のもやもやに囚われていたって気づく所とか。部屋に行こうって時にまた犬の話出されると白けるよな・・・。きっとミドルノートとは違ってきてしまっていたんでしょう。
    過去の恋愛を思い出した時の切なく何とも言えない気持ちを小説にした感じ。

  • 別れて3年経った今も、お互いに想い続けている二人。
    彼女には何度も彼女を誘う会社の後輩が、彼には恋人のふりを頼む幼なじみが現れるが、昔の恋を忘れられない。
    そんなとき同窓会で再会する。
    3年ぶりに会った二人が選ぶ道とは。


    感情移入し過ぎて胸が痛い。

    終わったはずの恋を思い出してしまいます。

  • 恋愛ものですが、ドロドロした感じとか、変な駆け引きとかが無い、優しく可愛らしい内容で読みやすい。

  • 【文香の調べ 春爛漫の夢】

    可愛らしい装丁とは程遠いウェイトのある作品。今している恋と読み比べている自分に笑った。僕は僕らしい恋をしているのだろうか?それとも、完璧主義の理想だけの空っぽの恋をしているのだろうか?

    ラストノートは甘い香りが多い。僕もそんな素敵な恋がしたいと思った。たとえ昭和のメロドラマみたいでも。

    文香。勉強が足りなく本書で知った。手紙を書くときに是非に使いたいと思う。

  • 別れた元恋人に想いを残しながら、それぞれ恋人未満のつきあいのある二人の恋の行方。少女漫画の世界ですね。でも、泉の苦い恋は上手く解消できて良かった。ストーカー殺人の起こっている現実の方が怖いですよね。

  • 飯田雪子さんの本にしては珍しく不発って感じでした・・・
    でも、二人の恋愛が終わってしまう時がすごく悲しかったです。
    そしてそれぞれが新しい道を歩んでいく・・・
    良いお話だけどめっちゃ好きほどではなっかたですっ!

  • 最後まで洋祐と文香が結ばれてほしいと思っていたけれど、こうやって次の恋に進んでいくのもありかな、と思う。途中でいきなり時が進むことがあるから、そこであれ?って思うこともあって時々戸惑った。ハッピーエンドじゃないけど、ハッピーエンドで(意味分かるかな?笑)よかった。切ない恋を読みたい人におすすめ。

  • 「俺はずっと味方だから」言ってもらいたいし、私も心から言いたい。

  • 大人だけど、幼い恋の話。
    過去ってなんなんだろうって考えさせられました。
    でも所々に深くていい言葉がいっぱいあって。
    でもそんなに都合よく新しい人が来てくれるのかな、なんて現実的なことを考えてしまいました。。。

全23件中 1 - 10件を表示

飯田雪子の作品

ラストノート―きみといた季節 (ハルキ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする