新公安捜査 (ハルキ文庫)

著者 : 浜田文人
  • 角川春樹事務所 (2009年2月1日発売)
3.61
  • (5)
  • (3)
  • (9)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :72
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758433952

新公安捜査 (ハルキ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (組織からはみ出し気味とはいえ)警官としての正道を歩む熱い児島に羨望のようなものを感じる蛍橋と、公安刑事のやり方に反感を覚えながら蛍橋個人に心惹かれる児島。

    今作では蛍橋が完全に児島の熱さにほだされる結果となりました。事件の結末がすっきりしない分、登場人物たちは相変わらず魅力的。

  • yonda...

  • 都庁シリーズ第1弾。都庁で爆発事件が発生し・・・
    最初は、北朝鮮シリーズに比べて物足りないかなとも思ったけれど、今度の敵もなかなか。
    螢橋と田中の信頼関係にグッとくる場面もあり、鹿取も含め彼らの過去のいきさつも気になってきたかも。

  • 日本を舞台にしたインテリジェンスものはどうしてもネタが北に偏りがちなのですが、いつものネタには無い面白さを提供してくれました。ただ、どちらかと言えば公安ものと言うよりは、捜査2課ものですね。

  • 都庁での爆発事件と新島の白骨死体。
    警視庁捜査一課強行犯三係の児島要と神奈川県警公安二課の螢橋政嗣。
    最近、はまってる警察小説と読み始めたのだが、よく分からない。
    結局、流し読み(とりあえず読んだ)で終わった。

  • 2009年の51冊目。

  • 「ハマのホタル」も3部作で終わりかと思っていたら、帰って来ましたっ!
    しかも、新たな敵を迎えて。
    闘う敵は変わっても、蛍橋を始め、児島、鹿取、田中ら主要人物も健在。
    中でも、初作「公安捜査」で蛍橋と並んで主役をつとめた児島の成長ぶりが何とも言えない。
    ちょっと癖のある登場人物たちに好き嫌いが分かれるかもしれないが、この毒々しさもなかなか楽しい♪

全7件中 1 - 7件を表示

浜田文人の作品

新公安捜査 (ハルキ文庫)はこんな本です

ツイートする