旅うなぎ―料理人季蔵捕物控 (時代小説文庫)

  • 198人登録
  • 3.32評価
    • (4)
    • (17)
    • (30)
    • (5)
    • (1)
  • 17レビュー
著者 : 和田はつ子
  • 角川春樹事務所 (2009年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758434188

旅うなぎ―料理人季蔵捕物控 (時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お菊ちゃんが季蔵をあきらめて、幼馴染と結婚するのかと思ったら
    幼馴染は悪いやつで、季蔵に始末されてしまった。
    お菊ちゃんがそいつが悪い奴だと知らずに済んだのは良かったけれど、切ない。

  • 今回の悪の根源は、おき玖との結婚が約束された貴残屋清三良だったとは。最期は季蔵に成敗されるが、おき玖のその後の反応が意外。そんなに、アッサリ割り切れるものなのだろうか?

  • 想い筍(たけ)
    早水無月(はやみなづき)
    鯛供養
    旅うなぎ

  • 想い筍 早水無月 鯛供養 旅うなぎ

    おき玖の幼馴染との結婚話。
    最後に来て五平さんの結婚話。

  • 料理人季蔵捕物控シリーズ第5弾。

    一見無関係の小さな事件たちが、実は大きな一つの事件だった!という連作短編集。
    ここ数作この形式。

    筍、鯛、うなぎと春から夏にかけての献立が揃い、料理もしっかり考えてある。
    今回は料理の方にに力が入ったかなー、という感じ。
    師匠の娘で料理屋の看板娘・おき玖の初恋の人が出てきたり、長崎屋さんが恋に落ちたりと、恋愛がらみの事件が多かったのも印象的。


    収録作品:想い筍 早水無月 鯛供養 旅うなぎ

  • 2014.8.7

  • おきくの幼なじみが出てきますが、ここで突然出てくるということは、既に怪しさ満載。
    …と思いながら読んでいくと、些細な事件からやはり繋がりがどんどん出てきて、最終的には季蔵が始末するということに。
    真実は闇に葬り、密かに始末を続ける季蔵でありました。
    作中に出てくる鰻料理や筍料理は気になりました。

  • シリーズ5

  • 「想い筍」「早水無月」「鯛供養」「旅うなぎ」

  • 塩梅屋の看板娘、おきくの幼馴染との話が出てきたり、季蔵と瑠璃との昔の思い出話も出てきたり、少しずつわかってきて面白い。
    料理は今回は上方の和菓子が出てきます。
    今は東京でも売ってるのを見かけるけど、今年は食べ損ねてしまったわ。

全17件中 1 - 10件を表示

和田はつ子の作品

旅うなぎ―料理人季蔵捕物控 (時代小説文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする