時そば―料理人季蔵捕物控 (時代小説文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.40
  • (6)
  • (25)
  • (35)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 262
感想 : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758434485

作品紹介・あらすじ

日本橋塩梅屋に、元噺家で、今は廻船問屋の主・長崎屋五平が頼み事を携えてやって来た。これから毎月行う噺の会で、噺に出てくる食べ物で料理を作ってほしいという。季蔵は、快く引き受けた。その数日後、日本橋橘町の呉服屋の綺麗なお嬢さんが季蔵を尋ねてやって来た。近々祝言を挙げる予定の和泉屋さんに、不吉な予兆があるという…(第一話「目黒のさんま」)。他に、「まんじゅう怖い」「蛸芝居」「時そば」の全四話を収録。美味しい料理と噺に、義理と人情が息づく人気捕物帖シリーズ、第六弾。ますます快調。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 江戸時代にでもいたであろう預言者や新興宗教の教主にまつわる事件を今回は落語の主題にあった料理を注文されて、工夫を重ねる季蔵。その裏には、金儲けの筋書きに合わせ、アヘンを使った刷り込みで人を殺させるというシナリオがあった。世間に大きく知らしめようと奉行とともに活躍。
    今回は、小さな幸せをつかもうとする市井の人々がいとも簡単に殺されてしまう事例が多かったのが残念!

  • 商品の説明
    内容(「BOOK」データベースより)
    日本橋塩梅屋に、元噺家で、今は廻船問屋の主・長崎屋五平が頼み事を携えてやって来た。これから毎月行う噺の会で、噺に出てくる食べ物で料理を作ってほしいという。季蔵は、快く引き受けた。その数日後、日本橋橘町の呉服屋の綺麗なお嬢さんが季蔵を尋ねてやって来た。近々祝言を挙げる予定の和泉屋さんに、不吉な予兆があるという…(第一話「目黒のさんま」)。他に、「まんじゅう怖い」「蛸芝居」「時そば」の全四話を収録。美味しい料理と噺に、義理と人情が息づく人気捕物帖シリーズ、第六弾。ますます快調。

    平成31年1月15日~18日

  • 2018/7/13

  • 料理人季蔵捕物控シリーズ第6弾
    今回は元噺家の長崎屋五平の噺に合わせた料理を作るという企画。
    目黒のさんまやまんじゅう怖いなんかは現代でも知られる落語だから馴染みはあるし、それをモチーフに作る料理にはものすごく惹かれるものがった。

  • 20180322読破
    料理人季蔵捕物控7

    短編4連作で事件解決シリーズ
    読み慣れてきたところ
    季蔵さんのおかげで私が作る日々の料理が
    ちょっと丁寧になった気がする(笑)
    ・目黒のさんま
    ・まんじゅう怖い
    ・蛸芝居
    ・時そば

  • 今回の悪役は、祈祷師黄泉山日之助と呉服商中西屋伝四郎。私欲のためにまっとうな民を殺める。少しこのシリーズもマンネリ感を感じる。

  • 廻船問屋の主 長崎屋五平さん
     噺家名 松風亭玉輔(しょうふうていたますけ)
    の噺に合わせての料理

    目黒のさんま
    まんじゅう怖い
    蛸芝居
    時そば

  • 時代小説は書かれた時代の反映でもある、を強く感じる。娯楽として求められ読めるものが何かは、スマホ以降で結構変わっている気がする。あとは、インターネット化か。早くなり、速くなり、見えやすい因果関係。

  • 目黒のさんま
    まんじゅう怖い
    蛸芝居
    ときそば

  • 読みだすと、先が気になり最近読書の時間がなかなかとれなくてずいぶんとかかりましたが、やっと読み終わりました。本屋さんにも行けず、読む本がなくなりました。

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京都生まれ。日本女子大学大学院修了。「料理人季蔵捕物控」「口中医桂助事件帖」「鶴亀屋繁盛記」「余々姫夢見帖」「お医者同心中原龍之介」「鬼の大江戸ふしぎ帖」「はぐれ名医」シリーズなどの時代小説を精力的に執筆するとともに、現代ミステリー「青子の宝石事件簿」シリーズ、『わらしべ悪党』も刊行。

「2021年 『花人始末 出会いはすみれ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

和田はつ子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

時そば―料理人季蔵捕物控 (時代小説文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×