交錯―警視庁追跡捜査係 (ハルキ文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.33
  • (19)
  • (69)
  • (132)
  • (25)
  • (1)
  • 本棚登録 :752
  • レビュー :73
  • Amazon.co.jp ・本 (420ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758434539

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  「そこまでつなげる(交錯させる)のは無理があるだろう!?と思うのに面白く一気読みしてしまった」そんな作品。でも「ミステリ」として見たら、最初から、あぁこれとこれが「交錯」するのね、どうせつながるんでしょ!と筋は見えてしまうので、そこを面白がるのではなく、人間ドラマを面白がるべし!私にとっては、初の堂場氏作品なので、他と比べることはできないが、シリーズ化してあるなら次を、それと他の作品も読んでみるつもり。

     タイプもやり方も違う2人の刑事。まさに水と油、お互いがお互いを馬鹿にし、時には羨み(?)、2人の追う、別々の事件。まぁ筋としてはこれらが交錯するのは読めるし、無理もある。しかし、人間ドラマとしてのこの2人の感情や感覚、生きている上ではかなり共感もでき、ちょっぴり、読みながら自分と重ね反省するところもあるんじゃないだろうか、そんなことも感じられる読後感。

     さらに、きっとこのコンビでぎゃあぎゃあ言いながら、次も事件を解決するんだろうなぁとシリーズになるのではと思えるような雰囲気も感じられた。

     さて、このシリーズの続きはあるのか、早速、検索してみよう。

  • 二人の刑事の執念が交錯するとき、それぞれの事件は驚くべき様相を見せはじめる…

    真逆のタイプの二人は同期だが反りが合わず、顔を見れば文句ばかり言いあってましたが、本当は仲がいいんじゃないの?とクスっとさせられる部分が結構ありました。
    同期の男二人。もっと、ぎすぎすキシキシしてても良かったかな、その方が好み。

  • 作者得意の中年の刑事が事件に食いついて周囲と対立しながらも犯人めがけて走り続けるストーリーです。
    今回は40歳の二人の対照的な調査方法をする刑事同士が反発しながらも協力して別々の事件を捜査していきます。

    ちょっと都合が良すぎる展開も多いですけれど、読みやすい作品になっていると思います。

  • 評価は3。

    内容(BOOKデーターベース)
    白昼の新宿で起きた連続殺傷事件―無差別に通行人を切りつける犯人を体当たりで刺し、その行動を阻止した男がいた。だが男は、そのまま現場を立ち去り、そして月日が流れた。未解決事件を追う警視庁追跡捜査係の沖田大輝は、犯人を刺した男の僅かな手がかりを探し求めていた。一方、同係の西川大和は、都内で起きた貴金属店強盗を追って、盗品の行方を探っていた。二人の刑事の執念の捜査が交錯するとき、それぞれの事件は驚くべき様相を見せはじめる。長篇警察小説シリーズ、待望の第一弾。

    黙々と捜査する刑事の姿や小説ならではの偶然もあるがベテラン刑事に焦点を当てているので安定感や安心感がある。

  • アナザーフェイスを読み進めていて、このシリーズとのコラボになっている本を読む前にこのシリーズを読んでおこうと思いました。タイプの違う二人の刑事の掛け合いが心地好くて、二つの事件の繋がりが次第に出来ていくのも面白かったです。沖田とシングルマザーとのほのかな恋愛?もいいスパイスになってました。

  • 警視庁の手詰まり状態の事件を再調査する係のお話。全く手がかりがないところから少しずつ事件が見えてくるあたりの流れがやはり上手。主人公2人組の行動の様子もゴチャゴチャせず読みやすい。続きも楽しみ。

  • 20160730

  • ※アマゾンより引用

    ■内容
    白昼の新宿で起きた連続殺傷事件―無差別に通行人を切りつける犯人を体当たりで刺し、その行動を阻止した男がいた。

    だが男は、そのまま現場を立ち去り、そして月日が流れた。

    未解決事件を追う警視庁追跡捜査係の沖田大輝は、犯人を刺した男の僅かな手がかりを探し求めていた。

    一方、同係の西川大和は、都内で起きた貴金属店強盗を追って、盗品の行方を探っていた。

    二人の刑事の執念の捜査が交錯するとき、それぞれの事件は驚くべき様相を見せはじめる。

    長篇警察小説シリーズ、待望の第一弾。

  • 互いに反目しあう同期の刑事。
    二人交互の視点で捜査が進んでいくが、著者の作品にしては、緊迫感が感じられず、読み進む力が萎えた。

  • 白昼の新宿で起きた連続殺傷事件ー無差別に通行人を切りつける犯人を体当たりで刺し、その行動を阻止した男がいた。だが男は、そのまま現場を立ち去り、そして月日が流れた。未解決事件を追う警視庁追跡捜査係の沖田大輝は、犯人を刺した男の僅かな手がかりを探し求めていた。一方、同係の西川大和は、都内で起きた貴金属店強盗を追って、盗品の行方を探っていた。二人の刑事の執念の捜査が交錯するとき、それぞれの事件は驚くべき様相を見せはじめる。長篇警察小説シリーズ、待望の第一弾。

全73件中 1 - 10件を表示

堂場瞬一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
堂場 瞬一
堂場 瞬一
有効な右矢印 無効な右矢印

交錯―警視庁追跡捜査係 (ハルキ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする