ラ・パティスリー (ハルキ文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.32
  • (20)
  • (50)
  • (103)
  • (17)
  • (5)
本棚登録 : 555
レビュー : 97
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758434737

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小松左京賞受賞の氏が贈るパティシエ小説。


    心を溶かす珠玉のスゥイーツの数々に羨望の嵐。

    ちょっぴり切なさを残す後味にリピーターの予感。

    新作は?新作は?と章を読み進み、気分は別腹状態。
    満腹感を越える出来栄えに、是非続作を!!と切望する私です。

  • とある洋菓子店を舞台として恋人、夫婦、親子の人間模様を描くパティシエ小説。

    単にそういう物語だったならよかったと思います。
    謎の男のミステリアスな部分は必要だったんだろか…。

    良いほうに捉らえるなら、そういった部分を加えることで話が膨らむということ。ふむ。

    ただ、洋菓子店の内情を少し垣間見ることができたし、洋菓子の描写もおいしそう!それに、お客様にとっての洋菓子店の在り方も感じることができました。

    おなかがすいた。

    パティシエ目指してる人にはおすすめしたい一冊!

  • 初読みの作家さん。

    シチュエーション的に珍しくないので、
    何が売りになるのか、という話なんだけど…。
    今までにない展開でしょ?というところを狙っていったんだと思うんだけど、それがすごく良い、というのでもない。
    話が混乱しちゃって。

    そして何より、キャラが立っていない。
    こんなさみしいことはないと思うのよね、本を読んでて。

    次も読んでみようと思うけど。

  • 少し謎解き要素が入っているけど、基本恋愛物なのかな~。
    お菓子の描写はおいしそうだし、ストーリーも楽しめないわけじゃないんだけど、少々物足りないかな。
    続きがあるなら読みたいな。という感じ。

  • とても、さらり。華やかで美味しいケーキの裏側には重労働があって、そこに人生をかける人がたくさんいるんだよなとしみじみ思った。

  • さらっと読めます。そしてスイーツが食べたくなる。
    出てくるお菓子全部ちょうだい!って感じ

  • 題名のとおり、フランス菓子屋のパティシエの話。
    美味しそうなお菓子が沢山でてきて、読んでるだけで幸せ気分になれた。
    普段知らない洋菓子店の舞台裏をみることが出来た。

  • 26.

全97件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

兵庫県生まれ。2003年『火星ダーク・バラード』で第4回小松左京賞を受賞し、デビュー。2011年『華竜の宮』で第32回日本SF大賞を受賞。同作は「SFが読みたい! 2011年版」国内篇第1位に選ばれ、『魚舟・獣舟』『リリエンタールの末裔』の各表題作、『華竜の宮』の姉妹編『深紅の碑文』と合わせて《Ocean Chronicleシリーズ》と呼ばれ、読者からの熱い支持を集めている。近著に『妖怪探偵・百目』シリーズ、『薫香のカナピウム』など。

ラ・パティスリー (ハルキ文庫)のその他の作品

ラ・パティスリー 単行本 ラ・パティスリー 上田早夕里

上田早夕里の作品

ツイートする