妖しい詩韻 (ハルキ文庫 う 1-7)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758434744

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 内田康夫氏が、このような作品を書くとは、想像もつかなかった。
    全20編であるが、逸見じゅん氏の作品も知らないで読んでしまった。
    少しおどろおどろしく、そして、少しブラックユーモア的に、死後の世界を描かれているが、不気味さの漂う作品であった。
    そして、作者のいう「妖しいシーン」「妖しい死因」の意図を考えられた構図で、書かれているのだと、気づいた。

    私は、内田康夫氏の普通のミステリーの方が、好きである。

  • 辺見じゅん氏の詩を元に作られた短編。死の間際や死に触れたお話。一気に読むより1話1話つゆっくり読むとより味わい深いかもしれません。

全2件中 1 - 2件を表示

妖しい詩韻 (ハルキ文庫 う 1-7)のその他の作品

妖しい詩韻 単行本 妖しい詩韻 内田康夫

内田康夫の作品

ツイートする