紫房の十手―鎌倉河岸捕物控〈17の巻〉 (時代小説文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.69
  • (11)
  • (20)
  • (25)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 223
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758434874

作品紹介・あらすじ

箱根への湯治旅に出かけた宗五郎としほたちの留守中、江戸では、大坂で七人を殺害して逃亡した凶賊の手配書が廻っていた。九代目不在とあって、政次の肩に金座裏の看板が重く圧し掛かる。そんななか、鴫立沢に立ち寄った宗五郎一行。西行ゆかりの地で絵筆を取ったしほは、黒い塗笠姿の武芸者を目撃する。偶然にもしほの筆が捉えたその男は、なんと手配中の凶賊だったのだ。賊の江戸入りを危惧した宗五郎は、政次たちにある一計を託すが-。箱根と江戸を跨ぐ、大捕物の行方は?大好評時代長篇、待望の第十七作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 嫁のしほも、義父もいない、江戸で、10代目の活躍を描く。

    一方箱根に湯治に出た一行も、ただではすまずに、ちゃんと
    事件に遭遇。

    子供に言及が続きますが、一体どうなっていくのでしょう?
    ちょっと10代目が格好よすぎてしまってきたのですが……

  • 内容(「BOOK」データベースより)

    箱根への湯治旅に出かけた宗五郎としほたちの留守中、江戸では、大坂で七人を殺害して逃亡した凶賊の手配書が廻っていた。九代目不在とあって、政次の肩に金座裏の看板が重く圧し掛かる。そんななか、鴫立沢に立ち寄った宗五郎一行。西行ゆかりの地で絵筆を取ったしほは、黒い塗笠姿の武芸者を目撃する。偶然にもしほの筆が捉えたその男は、なんと手配中の凶賊だったのだ。賊の江戸入りを危惧した宗五郎は、政次たちにある一計を託すが―。箱根と江戸を跨ぐ、大捕物の行方は?大好評時代長篇、待望の第十七作。

    2月13日~18日

  • 紫房が金流しの十手にかかるお話。

  • 政次が人間ばなれしているのは前からでしたが、しほまでもが人間ばなれしてきましたな。わりとまとまりがある一冊。

  • 20120122

  • 九代目は箱根、十代目は江戸で、それぞれ活躍の話。
    まぁ、箱根は温泉での当時ついでですが。
    江戸の方は、ちょっと偶然に頼りすぎでご都合主義って感じのないでもないですね。
    犯人側にとっては、似顔絵が出回ったらそらびっくりしますな。(^^;
    似顔絵がなかったら、そう簡単に解決しない事件だった気もしますね。(^^;

  • 彦四郎おいてきぼり。「政さんの女」登場。

  • 箱根に湯治に行っている九代目と江戸を守る十代目との

    ファインプレーな捕り物でした。

    春から放送されていた時代ドラマの登場人物たちが

    段々ぴったりとして来ました。

    続編が見たいですね。

    最後の短編はおまけみたいな感じです(笑)

  • 箱根道中が楽しかった。

  • 最新刊に追いついてしまったらしい。
    この巻はなんだか順風満帆すぎたなぁ。

全19件中 1 - 10件を表示

プロフィール

佐伯 泰英(さえき やすひで)
1942年福岡県北九州市八幡西区生まれの小説家、写真家。日本大学藝術学部映画学科卒。当初は冒険小説や国際謀略小説を中心としたミステリー小説を執筆していたがヒットに恵まれず、編集者からの勧告に従って時代小説家に転身。初の書き下ろし時代小説『瑠璃の寺』がヒットし、以後作家活動は軌道に乗っていった。
代表作として、『陽炎の辻〜居眠り磐音 江戸双紙〜』のタイトルでドラマ化された『居眠り磐音 江戸双紙』シリーズ、『吉原裏同心』シリーズなど。

佐伯泰英の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする