義経になった男(四)奥州合戦 (ハルキ文庫 ひ 7-6 時代小説文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.27
  • (1)
  • (3)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758435369

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 民を守る為に散ってゆく奥州の男達。藤原泰衡・国衡や下須房太郎秀方だけでなく、馬である高盾黒や信夫鴾も潔く漢である。それに対してどこまでも私利私欲な鎌倉方。これぞ判官贔屓といった感じです。

  • 収まるべきところに収まった感じの完結編。

  • 読み終えました
    悲しい滅びの理屈が理解できなくて
    最後まで進むのに時間がかかりました
    ラストはジンギスカンになるんだと
    勝手に思ってた(笑)

    頼朝を始め、人物が矮小に描かれすぎ
    ・・・そんななか、哲人のような奥州
    平泉の面々

    違和感ある作品です

  • 今まで見た中で一番の判官贔屓。文章との相性が悪くてわりと読むのに苦労したけど、最終巻はもう作者の夢いっぱい突き抜けてたので、なんかもう難しいことがどうでもいい感じに。

  • 義経になった男と、陸奥の未来のために死んだ男達、そして義経伝説の真相と、盛りだくさんで大満足の物語でした。最後にあいつが生きていたのは、ちょっとやり過ぎの気配はあったけど、花を見つけた情景は良かったですね

  • 平泉などを舞台とした作品です。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1960年、岩手県生まれ。2000年『エンデュミオンエンデュミオン』でデビュー。同年『エリ・エリ』で小松左京賞を受賞。14年、歴史作家クラブ賞・シリーズ賞を受賞。ホラー、歴史小説ともに著作多数。

「2018年 『江戸城 御掃除之者! 玉を磨く』 で使われていた紹介文から引用しています。」

平谷美樹の作品

ツイートする