蜘蛛の糸 (280円文庫)

著者 : 芥川龍之介
  • 角川春樹事務所 (2011年4月15日発売)
3.67
  • (10)
  • (22)
  • (21)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :199
  • レビュー :21
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758435406

蜘蛛の糸 (280円文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昔にも読んだ経験がある短編ですが、改めて読み返すとこんな話だったかな〜というものばかりで、印象もだいぶ変わります。『羅生門』はいつ読んでも怖い。

  • この話だけは8割ほど覚えていた。
    でも、大人になって、また読み直すのもいいもんだ。

    それにしても、お釈迦さま、了見が狭いのではないでしょうか・・・

  • やっぱり少し教訓めいていて読むのを躊躇っていた芥川の短編。でも実際読んでみるとそうでもなく、普通にエンターテインメントとしても楽しめた。どの短編に出てくる主人公も、共感できる人間らしい汚さを持っていて、「芥川すげぇ」と納得した。
    でも「蜜柑」だけは少し彼らしくない作品だなぁと思いつつも、最後にはすかっと読み終えることができて気に入った。

  • いい加減、蜘蛛の糸と羅生門のチョイスをやめてほしい……芥川の短編は、マニアックなものほど良く、味わい深い。もし私がこの二八〇円文庫で芥川をまかされたのであれば、以下の作品をチョイスする。

    1.手巾
    2.ひょっとこ
    3.老年
    4.雛
    5.秋山図
    6.父
    7.好色
    8.竜

  • 初芥川龍之介。読みやすい。今後は順に読んでいく。

  • 確かに日本語は美しい。
    まっさかさまに落ちていくところの動静の描写が見事。

  • ナレーション撮りの練習の定番。今でも週一で音読してる!

  • 学生の頃は全く興味も何もあったもんじゃ無かったのに……今になって国語の教科書がすごく懐かしく、且つ読みたくなってしまったことから手を出してみたこの文庫。こんなに薄~い本なのに、知らず知らずに何日も掛けて読んでしまった(笑) 因みにこの七篇の中で個人的に好きなのは『杜子春』、『羅生門』、『蜘蛛の糸』。作品の世界を通り越して色んな側(たとえば鉄冠子や下人、お釈迦さま)の視点から、読んでる者に対して「人としての大切な気持ち」を気付かせよう…、否、考えてほしいと思い、伝えてるんではないかなぁ…と読んでいて感じた。

  • 彼の著作を学校で何篇か習ったわけだが、当時まだ小説読みではなかったのに、他の作家と比べて印象に残っている。
    (蜘蛛の糸、杜子春、トロッコ、羅生門)
    280円の中古ということで、ものは試しとばかりに買い置きしていた。
    故あって手に取ることに。そして初めて肩肘張らずに芥川作品を読んだという次第。
    どういうわけか『芋粥』が好み。ただ、「憧れは憧れのままにしておいた方が身の為」「人間、己の分を弁えるべき」という小生の解釈が当を得たものなのかどうか。

  • 蜘蛛の糸を切って落とすまでしか記憶に無かった。最期の一段落で更に地獄との格差を浮き彫りにしている。

全21件中 1 - 10件を表示

蜘蛛の糸 (280円文庫)のその他の作品

蜘蛛の糸 Audible版 蜘蛛の糸 芥川龍之介
蜘蛛の糸 (日本の童話名作選) 大型本 蜘蛛の糸 (日本の童話名作選) 芥川龍之介

芥川龍之介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

蜘蛛の糸 (280円文庫)に関連する談話室の質問

蜘蛛の糸 (280円文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする