若菜摘み―立場茶屋おりき (ハルキ文庫 い 6-14 時代小説文庫)

著者 : 今井絵美子
  • 角川春樹事務所 (2011年5月15日発売)
3.79
  • (6)
  • (17)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
  • 76人登録
  • 8レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758435505

若菜摘み―立場茶屋おりき (ハルキ文庫 い 6-14 時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今回は立場茶屋おりきで洗濯女をやってるとめ婆さんにやられた!
    めちゃくちゃ泣かされたー!
    あんなに嫌味な性格だったお婆さんが・・・
    本人は焼が廻ったなんて言ってるけど、それもこれもおりきさんの温かさに影響されて周りがみんないい人になっていく。
    なんだか私まで情け深い人になっていくみたい(笑)

  • シリーズ7

  • 3月3日~5日

    皆が支えあって生きていけることほど、幸せなことはありません―――。品川宿の近江屋のお登世が、里帰りしてきた。お登世の様子から、婚家先で、何か大きな事件に巻き込まれたに違いないとふんだ岡っ引きの亀蔵は、立場茶屋「おりき」の女将に、さりげなく探ってほしいと頼むが・・・・・・(「秋ついり」)より)。他に、「籬の菊」「初明かり」「若菜摘み」の全四篇収録。義理と人情に溢れた「立場茶屋おりき」を舞台に描く大好評シリーズ第七弾、ますます絶好調。

  • とめ婆さんの話、里帰りのお登世、蕎麦屋に置き去りにされた芳坊、仇うちの姉弟

  • 立場茶屋おりきシリーズ7
    とめ婆さんまでおりきに感化されて遊女の身請け!
    しかし、次々と不幸な人に手を差し伸べるなぁ

  • 第七弾
    短編四話で全体を通しては連続している
    人情物はある面ではほっとして、涙を誘う

  • 立て場茶屋おりきシリーズ7作目。

    菊哉の身請のくだりがよかった。

    登場人物それぞれ、どう生きてきて、それによってどういう考えかたをするようになったかがきちんと描かれる作品。

  • 品川の立場茶屋おりきのシリーズ最新刊。
    いつもながら、旅籠や茶屋や蕎麦屋へやってきたお客や、
    店の者たち、さらには知り合いの人々が巻き込まれた事件を、
    おりきが親身になって対応していくお話。
    最近は子供ネタが多いですけれど、
    私が一番良かったのは、元遣り手婆にして、おりきの洗濯番とめ婆のお話でした。

    茶屋で出される釜飯、食べてみたいです。

全8件中 1 - 8件を表示

今井絵美子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

若菜摘み―立場茶屋おりき (ハルキ文庫 い 6-14 時代小説文庫)はこんな本です

ツイートする