風の邦、星の渚 上―レーズスフェント興亡記 (角川春樹事務所 ハルキ文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
3.92
  • (12)
  • (22)
  • (14)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 167
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (341ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758435512

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • さすがに安心して読める。とりあえず続きを読もう。

  • 中世ヨーロッパ、町を興す物語です。
    有象無象の人々が集まり、活気が満ち、富が集中する。町が栄えればトラブルも増える。
    行政の困難さを描く...というあたりは中途半端になってしまった感じがしますが。
    冒険活劇あり、ラブロマンスあり、超常現象ありのとても楽しめる内容になっております。是非是非、ご一読を。

  • 中世ドイツを舞台にした「街づくり」ファンタジー。

    歴史モノとSF、両方の面白さが味わえる。

  • 小川一水らしい中世の街づくりをしていく話に異星人が絡む。
    感想は下巻で。

  • SFというカテゴリーの中ではまぁ、ファーストコンタクトものなのですが、話の主軸は14世紀ドイツにおける「まちづくり」を巡るファンタジー。
    まぁ、いうほど歴史は知らないんであまり名状できたものではありませんが、当時の「都市」はその他の村落(荘園)なんかとは支配体系とか制度とか、いわば世界が違う極めて特殊な空間であったはずで、そういう意味をおそらく含んだ「まちづくり」なるものを描いたこの作品は現代の、特にその境界さえ不明確でなんだかイマイチ特性も無い「都市もどき」みたいなのが延々と続く関東平野に住む人間には非常に刺激的に映るわけです。

    あとは、要所要所で現れて(当時でいう)「奇蹟」を引き起す「泉の精霊」も居ますが、その正体が宇宙生命体だった、という話も後半で出てきますが、その辺の詳細は下巻でより明らかになっていきます。

  • 下巻に

  • 導きの星のヴァリエーション、と感じたけど、実際にはそれとも微妙に異なる。
    まあ、小川一水らしいシムシティ。
    下巻が楽しみになれる作品

  • 「進歩しすぎた科学は魔法と変わらない」なる言葉もあるように、地球外知的生命体であるレーズが14世紀では魔女や魔物として扱われているのが面白いです。そのため歴史SFというよりも歴史ファンタジーの趣が強い。
    僻地の見捨てられた寒村に飛ばされたルドガーが、排他的な村民の信頼を勝ち得、逆境を跳ね退けて段々と街を大きくしていく様は読み応えがあると同時に、スポ根ものに通ずる熱さがあります。アイエが可愛すぎて困る。

  • 中世ドイツのシムシティ小説。小川一水はやっぱりシミュレーションものが面白い!

  • 感想は下巻で。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

小川 一水(おがわ いっすい)
1975年生まれ。岐阜県出身。男性。1993年、17歳で応募した第3回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞に、「リトルスター」で佳作入選。1997年、『まずは一報ポプラパレスより』で作家デビュー。
2004年、 『第六大陸』で第35回星雲賞日本長編部門を受賞。2006年、 『老ヴォールの惑星』に収録されている「漂った男」で第37回星雲賞日本短編部門を受賞。 『老ヴォールの惑星』は「このSFが読みたい!」ベストSF2005国内編で1位にも選ばれた。2011年、「アリスマ王の愛した魔物」で第42回星雲賞日本短編部門を受賞。2014年に『コロロギ岳から木星トロヤへ』で第45回星雲賞・日本長編部門賞を受賞。

小川一水の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

風の邦、星の渚 上―レーズスフェント興亡記 (角川春樹事務所 ハルキ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする