いのちのうた―まど・みちお詩集 (ハルキ文庫 ま 1-2)

著者 :
  • 角川春樹事務所
4.43
  • (4)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758435796

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • まどさんの詩は、優しくなれる。

  • 自然界のいのちが生き生きとしている詩を多く残されているまど・みちおさん。
    耳懐かしい童謡の詞も実はまどさんが書いたものだったようだ。
    白ヤギさんからお手紙ついた

  • やぎさんゆうびん、一ねんせいになったら、ぞうさん etc...
    たくさんの童謡を残してきた まど•みちおさんの詩集。
    イノセントな視点にこころ洗われます‥!

    すきなの何点もあるけど、
    いっこだけ抜粋。


    もう すんだとすれば

    もうすんだとすれば
    これからなのだ
    あんらくなことが
    くるしいのだ
    暗いからこそ
    明るいのだ
    なんにも無いから
    すべてが有るのだ
    見ているのは
    見ていないのだ
    分っているのは
    分っていないのだ
    押されているので
    押しているのだ
    落ちていきながら
    昇っていくのだ
    遅れすぎて
    進んでいるのだ
    一緒にいるときは
    ひとりぼっちなのだ
    やかましいから
    静かなのだ
    黙っておる方が
    しゃべっているのだ
    笑っているだけ
    泣いているのだ
    ほめていたら
    けなしているのだ
    うそつきは
    まあ正直ものだ
    おくびょう者ほど
    勇ましいのだ
    利口にかぎって
    バカなのだ
    生まれてくることは
    死んでいくことだ
    なんでもないことが
    大変なことなのだ

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

詩人。1909~2014年。はじめての詩集『てんぷらぴりぴり』出版で第6回野間児童文芸賞。1976年『まど・みちお詩集』(全6巻・理論社で第23回サンケイ児童出版文化賞。同年、川崎市文化賞を受賞。「ぞうさん」「やぎさんゆうびん」などの童謡詩で広く知られ親しまれている。

まどみちおの作品

ツイートする