心星ひとつ みをつくし料理帖 (角川春樹事務所 時代小説文庫)

著者 :
  • 角川春樹事務所
4.27
  • (665)
  • (687)
  • (207)
  • (13)
  • (3)
本棚登録 : 3520
レビュー : 539
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758435840

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 6作目。心星ひとつだと小松原さまとは無理なのかなぁ。なかなか難しい選択。ハッピーエンドを期待しつつ次作へ。

  • 小松原さまとの一件に重きがおかれてから一気に、この話の良いところが半減。女々しい漫画みたいなストーリー展開にがっかり。

  • 青葉闇ーしくじり生麩
    天つ瑞風ー賄い三方よし
    時ならぬ花ーお手軽割籠
    心星ひとつーあたり苧環

    もうそろそろ終わりも近いのでしょうか。
    ここにきて急展開。
    澪に大きな決断をせまる時が何度も何度もやってくる。
    天満一兆庵かつる家か。
    女性としての幸せか料理人として生きるか。

    うーん、でも正直この巻の内容そんなに長々と書くことかな…という感想。
    だって結論は分かり切ってるから。
    ベタなのはわかってます。
    そこがいいとも思ってます。
    周りの人たちのことばかり考えてしまうのが、このお話の主人公なのだとも、わかってます。
    でも、それにしても揺れすぎ。もっと成長した澪が見たかった。

    これまで澪ちゃんはお料理のことや周りの人たちのことは一生懸命考えてきたけれど、お店のビジョンみたいなものはほとんどなかったと思う。
    あったとしても名前のことくらいで、あまりにも漠然としてて。
    それは今のつる家が大好きでそれしか考えられなかったから、考える必要もなかったからじゃないかなと思うのです。
    そんな娘がいきなり人の力で店の規模を拡大して、雇われの料理人に気を使って…。しゃきしゃき采配をふるえるタイプでもないし…。どんなに料理の才があっても、どんなにそこがいい場所であってもうまくいくわけないじゃん!と思ってしまうのです。
    と、こんなことを思ってしまう自分が嫌なんですが。

  • もう終わっちゃう??

  • 2011.10
    もったいなーい!!が読み進めている途中での感想。読み終わっても同じ感想。もったいないよー。私なら絶対、扇屋の申し出を受けるのになぁ。「天満一兆庵・つる屋」みたいな並列の名前にして、みんなでお引っ越しとか。
    野江とのふすま越しの再会が、いい。

  • この巻あたりで、終っていたほうがよかったような感じあり。
    無理やり続ける必要でもあったのか?

  • とてもいい話だと思うのである。が、なにか違和感が残る。

    お店の話にしても、恋の話にしても、なんだかうまく運びすぎて、その後の主人公の決断にしても、なんだか出来レースのような気がしてしまうのだ。

    それはたぶん、僕の心がひねくれてしまっているからなのだろうと思うけれど。

    いろいろあるんだけど、もっともっと、素直になってもいいんじゃないか。結果的にいろんな人を傷つけ、自分も後悔するかもしれなくても。作品としては、主人公が、一番後悔のない形を選んだってことになっているんだけど、心の中に少しもやもやしたものが残る。

    僕の心がひねくれてしまっているからなのだろうけど。

高田郁の作品

ツイートする