願の糸 立場茶屋おりき (角川春樹事務所 時代小説文庫)

著者 : 今井絵美子
  • 角川春樹事務所 (2011年12月15日発売)
3.69
  • (5)
  • (14)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :75
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758436182

願の糸 立場茶屋おりき (角川春樹事務所 時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 時が経つのは早い!
    子供たちはどんどん大きくなり、おとなたちは歳をとっていく。
    巳之吉さんの料理の腕もすごくなっていく。
    おりきさんと巳之吉さんとの間はいっこうに進展しないけれど、その他のことはどんどん進んでいく。
    この二人いったいどうなるの?
    まるくおさまるのかしら??

  • 善爺死す・・・大往生だね
    登場人物が一人ひとり裏人生持ちすぎ!

  • おりきシリーズ第9弾。久しぶりにシリーズ再読したので、キャラがどういう人なのか思い出せない人も。相変わらず饒舌で説明的な会話がメインで進む話。こういう作風には自分は馴染めない、以前の方が良かったな。それに料理の描写にもかなり力が入ってきてグルメ小説みたいになってきた。讃岐うどんまで出てきて苦笑。茶屋の領域を越えたところで話が進み、人情話の芯が埋もれているような読み口でモヤモヤしたものが残る。それに使われてる言葉に所々引っかかるのも興ざめ。江戸風の凝った言い回しを使っているのでギャップが大きい。

  • シリーズ9

  • 3月7日~3月10日

    七夕の笹竹に短冊を結びつけることを「願の糸」という―立場茶屋おりきでも、みずきらに交じって先の震災で親兄弟を失った子供たちが、短冊に各々の願い事を認めていた。そんな折、おみのが暇をもらいたいと言い出した。どうやら人に言えない深い理由があるらしい…(「願の糸」より)。表題作ほか「夏の果」「走り蕎麦」「柳散る」の全四話を収録。市井の人びとの優しさと人生への希望、そして季節の美味しい料理…。書き下ろしシリーズ第九弾。

  • 面白かった。
    今度はこのシリーズを読んでみよう。

  • 第九弾
    短編四話形式であるが、例によってずっと続いている
    市井の人々の移ろい
    地味ながらも、切々と訴えてくる

  • ああ・・・善爺・・。

全8件中 1 - 8件を表示

今井絵美子の作品

願の糸 立場茶屋おりき (角川春樹事務所 時代小説文庫)はこんな本です

ツイートする