謀略 警視庁追跡捜査係 (角川春樹事務所 ハルキ文庫)

著者 : 堂場瞬一
  • 角川春樹事務所 (2012年1月15日発売)
3.38
  • (8)
  • (53)
  • (76)
  • (9)
  • (2)
  • 本棚登録 :455
  • レビュー :44
  • Amazon.co.jp ・本 (413ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758436281

謀略 警視庁追跡捜査係 (角川春樹事務所 ハルキ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 評価は3.

    内容(BOOKデーターベース)
    都内の運河沿いで、帰宅途中のOLが強盗に襲われ、殺害される事件が連続して起きた。二つの事件は手口や状況が似通っており、捜査本部も連続殺人としての見方を強めていた。しかし、通り魔の犯行なのか、犯人への手掛かりが少なく、捜査は膠着しはじめる。追跡捜査係の西川と沖田は、捜査本部から嫌厭されながらも、事件に着手。冷静な西川がかつてないほど捜査に執念を見せ、事件の共通点に気付くが…。書き下ろし警察小説。

    報われない最後だわ。知恵を使って足を使って・・・と内容的にも粘ったにも関わらず二人目の犯人の動機があまりに短絡的でしかも人物像も浅すぎた。

  • もう少しトリックが複雑なのかと思った。キャラクターは好き

  • 西川と沖田の男刑事コンビシリーズ第3弾。
    女性2人が連続で殺害された事件を追う話。
    いつもと違う雰囲気の熱い西川刑事。だいぶ沖田氏との距離も縮まりつつあります。
    今回は沖田氏の恋愛話はなし。
    事件を細かくひも解く様子が上手に描かれています。
    ラストスパートのスピードも読み応えあり。

  • ※アマゾンより引用
    ■内容
    都内の運河沿いで、帰宅途中のOLが強盗に襲われ、殺害される事件が連続して起きた。
    二つの事件は手口や状況が似通っており、捜査本部も連続殺人としての見方を強めていた。
    しかし、通り魔の犯行なのか、犯人への手掛かりが少なく、捜査は膠着しはじめる。 追跡捜査係の西川と沖田は、捜査本部から嫌厭されながらも、事件に着手。
    冷静な西川がかつてないほど捜査に執念を見せ、事件の共通点に気付くが・・・・・。書き下ろし警察小説。

  • 西川の意外な一面のおかげで逆に沖田が成長する展開に。このシリーズは人間関係の変化が面白い。

  • 2015/9/24
    鉄のシリーズとは逆にだんだん面白くなってきた。
    相変わらず仲悪いし、どっちが好き!とかもないんだけど。
    本人たちが思ってるほど仲悪くもないのがほほえましいのと、方法は違えど犯人を見つけるという共通の目標に向かって真摯に行動してるのがかっこいいのかな?
    職場のギスギスも割と身近な問題で身につまされるし。
    たいして仲良くなくても仕事で一致団結してれば雰囲気よく仕事ってできるしな。
    この状態は割りと心地いい。
    暇で足の引っ張り合いしてる職場が最悪。
    そんなんじゃないから勤め人の読む本として好し。

  • 捜査をあれこれ悩んで、解決はそんなところから!それはびっくりだ。話の展開は面白いけれど、解決に至る道筋も、あとからでもいいからもうちょっときちんと書いて欲しい~

  • 追跡シリーズ

  • 警視庁追跡捜査係シリーズ第3弾。またまた、2つの事件が絡み合うパターン。まぁ、最終的には、前2作とは、逆のパターンの絡み合い方だったけど。1つ目の事件の犯人を、沖田、西川両人ともに、犯人らしくない、と言及していながら、そこんとこの必然性を最後まで説明してくれなかったという納得感のなさから、★一つマイナス。

  • 犬猿の仲の部下や大阪府警の三輪が登場して、
    全体的には面白かったけど、
    いつも冷静な西川が暴走した理由が、ピンと来ない。

    大阪に逃げていた事件の犯人の動機も経緯もピンと来ないし、
    最初に疑問を持った靴の件の片づけ方もひどい。
    見込み違いや無駄な捜査という展開はもちろんあると思うが、
    この長さでそれを盛り込むのはどうか。
    他に描くべきことがあったのではないだろうか。

    それと「謀略」というタイトルは、内容にあっていないというか、日本語としておかしいというか。

    いや、全体的には面白いのだが。

全44件中 1 - 10件を表示

堂場瞬一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
堂場 瞬一
堂場 瞬一
堂場 瞬一
有効な右矢印 無効な右矢印

謀略 警視庁追跡捜査係 (角川春樹事務所 ハルキ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする